よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

忘れがちだけど、田舎だって自転車は原則車道を走らないといけないんだよ。という話

f:id:yoshimamo:20160907193728j:plain

若さにまかせた無茶な運転は恐ろしいと思いますが、じいちゃんばあちゃんの運転ってのも見ていて不安ですね。

散歩ついでにおつかいを済ませて帰っていたある日。
後ろからチリチリチリンとベルの音が聞こえてきたと思ったら自転車に乗ったおっさんがスピードも緩めず走り過ぎて行きました。

こちらがとっさに避けたものの、ここは歩道だということを思い出します。

あれ、歩道って歩行者優先じゃなかったっけ。
車道側とはいえ片方に寄って歩いていたんだから、わざわざ避ける義務も義理もないんじゃないの。

と心の狭い私は思ってしまいました。

自転車は車です!

田舎は歩行者の数が少ないから忘れがちですが、そもそも自転車はやむを得ない状況を除いて基本的に車道を走らなければいけません。
習った人は思い出してほしい。
知らない人は覚えておいてほしい。

自転車は車です。

自動車ではなく軽車両というところに分類され、やむおえない場合は自転車通行が可能な歩道を通ることができますが基本的に道路の端を走る乗りものです。

車が歩道を走ってる、と聞くと怖さが伝わるかと思います。

尚、軽車両は自転車走行可の標識があるところでも徐行運転、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければいけない。
そう法律で決められています。守らなければ罰金を取られます。

というわけで先ほどのおっさんは我が物顔で歩道を走る権利などないのです。
ついでに言うと、こういうのは中年層が多いと感じますね。
周りを見る能力が衰えてきているが自転車に乗る体力はある人。
体力が無くなっているけれど移動のため仕方なく乗っている人。または体力を過信している人。
必要にかられて乗るのも分かりますが、急に曲がる、ど真ん中を走る、蛇行運転をするなどしながら近くを通られるのは恐ろしいものがあります。いや、マジで。
中高生はその次くらい。
歩道を並行して走っている人達が多くて迷惑だなぁと感じます。
あれも本来罰金ものですので気をつけましょう。

自転車を降りれば歩行者になります。
堂々と歩道を走りたい場合は自転車を押してダッシュでもしたほうが良い。

そんなことをおっさんへの不満から色々と考えた一日でした。
「近ごろの若者は…」などと言いますが「近ごろの年寄りは…」なんて思ってしまう近年でございます。

まぁ、現実には違反者全員を取り締まるなんてキリないので見つけてもスルーされますけどね。
しかし運転ルールを守らずに事故を起こしてしまったら。
圧倒的に不利になります。
対人ならただでさえ自転車が悪いことにされるのに、さらに違反していたら言い訳の余地などありません。

自分も自転車はよく使いますが、普段から気をつけるのに越したことはありません。
もし事故なんて起こしたら治療費や賠償金を支払う義務が生じます。
何千万、何億の支払いを命じられたケースもあります。そうなっては自分の人生も壊れてしまいます。
そして金銭の問題だけでなく、人ひとりを怪我させた、最悪の場合死亡させたとなっては罪悪感は計り知れないものだと思います。
謝っても謝りきれないでしょう。

自分の人生、人の一生を壊さないためにもルールを守って安全に自転車を使いたいものです。