よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

自分への言い訳をやめると楽しいことがもっと楽しくなると思う。

「昨日あまり食べてないから今日はスイーツ食べても太らないから大丈夫」

「普段遊ばない分ライブ○回行ってもいいんだから!」

などと言ってくる友人がとても面倒くさいです。

いきなり酷いことを!

でもしょっちゅう言われるとそうなりますよ…
それだけ心を許されてるんだと思うと嬉しいけど…嬉しいけど面倒くさい…!

友人は私に「自分は間違ったことはしていない」と確認するために言ってくるのだと思うのですが、同時に友人自身に言い聞かせているようにも感じるんです。

世の中には友人のような方がたくさんいらしゃるんでしょう。
私はそういうのやめたら良いのにと思います。

それこそ面倒くさいや。
もっとシンプルでいいじゃん。

欲求を満たすのに交換条件は必要ない

ハンバーグが食べたい。
沖縄へ旅行したい。
この漫画が欲しい。

などといった願望、欲求を持つのは自然なことです。
そしてそれを満たしたい、と思うことも当たり前。
物欲なら、ちゃんと働いていれば満たす権利も方法もあるでしょう。

それでも「ずっと我慢した分」などと理由をつけて正当化するということは、何かを求めることで責められたり嫌われることを、意識しているかどうかは関係なく恐れているのではないかと考えています。

実は気が小さかったり、傷つきやすいのかもしれません。
過去に何かあったのかもしれない。
なかったのかもしれない。
自己防衛の意味も持っているのかもしれない。
かもしれない運転。

けど、意外と周りはなんとも思ってないものなんですよね。
正直に言って、理由を付けて正当化させようとしている姿はあまり良いものでもないし。

それに気付くことができたらもっと楽になるでしょうし、したいことを100%楽しむことができると思います。
誰もまったく責めてないのに何を必死になっているんだろう、と。

第一、自分に対してああだこうだ言ってどうなるんでしょう。
自分の気持ちを一番分かっているのは自分です。
どんなに正当化して納得したつもりでいても、”自分”はそれが無理くり行ったものであることさえ知っているというのに。

 

欲求を満たすのは悪いことではない

欲求を満たすことに後ろめたさを感じているのであれば、そこから考え方を変えましょう。
先ほども書きましたが、あれしたいこれしたいと思う事は自然なことです。
何も悪いことではないんです。
そしてそれを行う権利もある。
ニート以外は。
えっ、ニート以外?じゃあ私には関係ないので帰ります!

…帰りませんけど。

人を傷つけたり迷惑をかけたりしなければ、好きなことをしたって誰も責めません。
遠慮せず欲しがって満たされましょう。
この欲しがりさんめ♡(イケボ

物欲だけでなく、まぁ性欲は相手の調子もあると思うので…ごにょごにょ…
抱きしめてほしいときに抱きしめてほしいと言うくらいは良いのではないかと思います。

うわー柄にもないこと言っちゃった!

夜のテンションでキャラがブレてきました。
そろそろまとめましょう。

 

無理やりまとめ。

究極をいうと「食べたいから食べる」「○○に行きたいから行く」と、これくらい本能的で良いのではないかと思います。
せっかく好きな事をするんですから、正当化させることに気を揉むのはもったいないですよ。
その労力を欲求を満たすために使いませんか。