よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

好きなものを意識しよう!

f:id:yoshimamo:20150507004051j:plain

人と人は、好きなものより嫌いなものが一緒であるほうが仲良くなれるそうです。

嫌いなものが同じ人達が集まると「こんなところがイヤだ」「あんなところがキライ」と言う。

対象が人の場合は悪口を言って、そうよねと不満を分かち合う。

共感してくれる人、場所、とても心地いいですよね。

わかるわかる。


けれど、私はそういう空間がもったいないと思うんです。


嫌いなのにわざわざ自分から意識を向けにいってるんですよ。

自分の大事な時間とエネルギーをかけて。


それって、何のためにしているんでしょう?


不満を発散させるとスッキリしますが、時間とエネルギーを使っていてはプラマイゼロです。

おまけに自分が考えた・発した不満や怒りなどのマイナスな気持ちは、早かれ遅かれ自分に返ってきます。
「類は友を呼ぶ」ではないですが、マイナスな感情になる出来事がやってくるのです。

同じ時間とエネルギーを使うなら、もっと楽しいことを考えましょうよ。

嫌いなもので繋がるのが人間の性質でも、それを打ち破って限りある自分の時間を有意義にした方が賢いと思います。

イヤなことが浮かんできたときは、好きなものや楽しいことを思い出してはいかがでしょうか。
そして
「○○(イヤなもの)に比べて□□(好きなもの)は素敵だよね!」
と考えて、好きなものへ意識を向けてみてください。
「○○はここが□□に劣っている」などとイヤなものの方へ意識を向けないように。

意識が好きなものの方へ向いたらそのまま「こんなところが良い」「ここが魅力的」などと好きなところを想像します。

するとだんだん楽しくなって、好きなものへの愛があふれてきます。
今まで以上にそれが好きになることでしょう。
(※この考え方は心の中で発するに留めることをお勧めします。自分がイヤだと思っているものでも他人にとっては好きなものであることもあります。)


そして、ぜひ周りとも楽しい気持ちを分かち合ってください。

好きなもので繋がった人と話をする時間はとても楽しいものです。
その時間は笑顔になり、心にゆとりができる。

マイナスな気持ちでみんなと集まるよりずっと、心地のいい空間になっているはずです。


笑顔がある場所には、笑顔になれる出来事もやってきてくれますよ(^^)