読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

デジタル機器が好きだけどアナログさんとも仲良くやっていきたいなって。

f:id:yoshimamo:20150725140646j:plain

パソコンとかスマホとか、デジタルなものが好きです。

趣味のお絵かきで色ムラとか考えなくていいし、デジタルのグラデーションはとても綺麗。
タブレットなんか買った日には寝転がりながらデジタルのイラストを描けちゃうんだろうな、と思います。
うーん、魅力的!

でもふと、紙とペンといったアナログなものに戻りたくなることもあるんですよね。
これだけデジタル機器が普及しても手離せないんです。
ちょっとその理由を考えてみたいと思います。

デジタルもいいけどアナログもね!

今日はそんな記事です。

ウナギもいいけどステーキもね!
土用の丑の日であった昨日は何故かステーキを食べに行きました。
心底どうでもいい!(笑)

紙とペンは一生手離せないな~。

便利だ不便だと考える以前に、単純にペンを使う感触が好きなんだと思います。
思った通りに描けるというか。
自分の指にインクを付けて描くのが一番なんですけどなかなか出来ないので、一番近いのがペンで書くということなのかなぁと。

パソコンの文字の方が綺麗だけど、なんだかんだ愛着があるんです、自分の字って。

手軽なのがいい。

ノートとペンはコンビニでもスーパーでも手に入るというのが良いですね。

昨年だったかな。
イベントに行った帰りに最終新幹線を乗り過ごしてファミレスで夜を明かしたことがあったんですが、コンビニでノートとペンを買って落書きして時間を潰すことができました。
別に絵を描かなくても、それこそブログネタを考えたりファミレスにいる人を観察して記録を取ったり出来たでしょう。

そういう時にその辺で手に入る紙とペンは便利だと思いました。

それ以来、外出時には小さなノートとペンを持ち歩くようにしています。

場所を選ばないというのも好きなんですよね。
以前色鉛筆の塗り方について書きましたが、それも場所を変えられるところが好きというのが大きくて。

じっとしれられないタチで、自分の部屋、リビング、フローリングなど日によって描く場所を変えたくなるんです。

持ち運びに便利といえばタブレットとかノートPCなんですが、良いお値段するので「じゃあスケッチブックと色鉛筆でいっか。」と。
タブレット1台分でスケブ10冊買えるんで躊躇ってしまうんですよね。

暑い日は机に向かう

そしてまさに今の時期。夏。
液晶のちょっとした熱も嫌になってしまうので紙とペンに逃げます( ̄▽ ̄;)
この前ディスプレイの前に手をかざしてびっくりしました。
熱放ってる!と。(当たり前

麦茶と扇風機を用意して、机の上にチラシの裏とボールペン。
畳と外に縁側があれば懐かしき昭和の風景ですね~。

まぁここはマンションの5階なんですが。

今日もブログ記事をチラシ裏に下書きしてからパソコンで清書することで、液晶の熱を浴びる時間を減らそうとしています(笑)

眼がラク。

週に1~2日ほど液晶画面を見ない「休眼日」を作っており、その日のメモ取りは紙とペンを使うようにしています。

その日は断然目が楽です。

体感でいうと、1時間半文字を書いた疲れが30分スマホを使用したと同じくらいでしょうか。
近距離を見るのには変わりないので休憩は必要ですが、光には少なからず刺激を受けてるということを実感します。
使いすぎは良くない、本当に。

ディスプレイ関係ないけど太陽光などにも気をつけたほうが良いかもしれませんねぇ。

良いとこどりしていきたいね。

若干デジタル機器をディスってきた気もしないでもないですが、冒頭にも書いた通り私はパソコンとかスマホとかを使うのは好きです。

膨大な資料作りは絶対エクセルとかで作った方が良い。
かさばらない。
圧倒的な便利さ。

しかしアナログなものにも良いところはあるし、向き不向きもあるし、さらには効率だけで選べないのが人間なんですね。
急に話のスケールが大きくなりましたけど(笑)

0か100かではなく双方の良い所で互いの足りない部分を補い合うことで生活がより良くなるんじゃないかな。

そんなことを、いろいろなものがデジタル化されていく中で思った次第でございます。


終わり!