読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

生きてるだけで価値があるから大丈夫だよ、となぐさめてみる。

f:id:yoshimamo:20150816134501j:plain

今日はちょっと愚痴っちゃいます。
ネガティブなのかポジティブなのかわからない記事です。(笑)

昨日、お盆の墓参りと父方の祖母の家へ顔を見せに行って来ました。
ブログをお休みして、携帯やパソコンも使わず、良い休眼日にもなったと思う。

毎年この時期と正月に祖母の家に行って親戚一同が集まっていたけれど、皆大きくなってそれぞれの予定もあり、最近は全員集まることの方が少ない…というかほぼなくなってしまった。

それがちょっとホッとしていたりもして。

私は親戚が苦手だ。

年2回しか会わない価値観や趣味が全く違う人達とどう接していいか分からないというのもあるけれど、父の方の人達はまぁよく出来た方々で、集まって話を聞くたび酷く劣等感や罪悪感が生まれてくるのがつらくてつらくて。

祖母からそれぞれの近況を聞くだけでもうえらかった(疲れた)。
その晩は自分が何を言っても否定される夢まで見た。

正社員で働いて、車持って、仲間と新しい仕事始めた人もいたりなんかして。

将来を見据えて、とか筋を通して、とかパンパンとすぐ考えて意見できたり。
どう生きていったらそんなに考える能力がつくのか教えてほしい。
当たり前のことなのかな。

この時代いろんな働き方も考え方も生き方もあるというのは分かっている。
けどなんかもう「クズですみません」って。

長男の娘なのに、苦労して生んでくれたのに、ただただ消費するだけの人間ですみまっせんって。

なんでこんなのが生きてるんだろう、って。

じゃあ働けよって、それが出来ないから人生つまずいてるんだよ!
まぁそこは親の自業自得というか因果応報というか。うん。がんばるけどね。
何のことかさっぱり分からないが自己完結。

話を戻して、でもちょっと考えてみる。

「消費するって社会に貢献してるんじゃない?」

人間誰だって物やサービスを買わないと生きていけない。

水道がないと、電力会社がないと、食べものがないと。

その会社や店は、消費する人がいないと成り立たない。
経済も回らない。

ならば、世の中を支えているのは消費する人間ということになる。

さっきも書いたけど人は生きていくうえで必ず消費している。
どんなにニートでも仕事が出来なくても性格が悪くても、皆世の中を支える一部であるってこと。
いらないヤツではないということ。

そう思うと、ちょっと気持ちが軽くなった。

そりゃ周りに迷惑をかけるべきではないけど、自分も誰でも少なくとも砂粒くらいは役に立っているんだなって。

死ぬこと以外はかすり傷

     ――永山裕子 

生きているだけで必要とされているんだよ。

と自分を慰めてみる日曜の昼下がりでした。

ネガティブさんはまだまだ健在ですが、少しだけ気持ちのベクトルが変わったような気がします。