読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

山口弁の「~っちゃ」は可愛いものじゃないんだな、これが。

周南市

f:id:yoshimamo:20151027181054j:plain

山口県の方言では「~っちゃ」と言うことがあります。

そのことを話すと他県の方には「ラムちゃんみたいで可愛いね」と言っていただけます。

しかし実際には、あまり可愛くない言葉なのです。

答えから言いますと「~っちゃ」は標準語でいうと「~だってば!」というニュアンスになります。

「今やりよるっちゃ!(今やってるってば!)」という感じ。

うるさいな!くらいのテンションで、イライラしているときについ付いてしまう語尾だったりします。

だからこの語尾を使った人はイライラしているかもしれません。
触らぬ神に祟りなし、あまり刺激しないようにしましょう。

でも文字で見るとやっぱりなんか可愛いんですよね。
本家ラムちゃん、平野文さんに言われたら「ありがとうございます!!」ってなりそう。

「ダーリン、待ってっちゃ♡」

うん、良い。
なんか違うけど良い。

標準語にすると「ダーリン、待ってってば!(怒)」となります。
実際カミナリを落としてきそうなテンションでございます( ̄▽ ̄;)ひー!

あとは可愛い女の子に言われたいですね。自分女だけど。

ちなみにうずまきナルトの「だってばよ!」は単なる語尾なので「だっちゃよ!」にはなりませんのでご注意を。


以上、そんなことを考えながら標準語で話すテレビ番組を見る昼下がりでした。


この話のオチ?
知らんっちゃ!(逆ギレ