読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

「あずきバーと雪見だいふくのクリーム白玉ぜんざい」を作ってみました。

食べものレビュー-スイーツ 食べものレビュー

先日放送された「マツコの知らない世界」のアイスクリーム特集。
そこで紹介されていたアレに多くの人が生唾を飲み込んだはずです。

そう、井村屋のあずきバーとロッテの雪見だいふくで作ったクリーム白玉ぜんざい!

アイスをわざわざ溶かすのか…と思いながらもその美味しそうな映像にたまらなくなったので作ってみることにしました。
炊き込みご飯の予定が玄米になった憂さ晴らしも込めて(子どもか

クリーム白玉ぜんざいの作り方

f:id:yoshimamo:20151218124933j:plain

必要なもの(1人分)

  • あずきバー2本
  • 雪見だいふく1個(1/2パック)
  • 耐熱容器
  • ラップ
  • 電子レンジ

以上が公式の材料ですが、カロリーが気になったので今回はあずきバー1本で1人前、2人分作りました。

手順

耐熱容器にあずきバーを入れます。

f:id:yoshimamo:20151218124950j:plain

木の棒があると危ないので外しました。
さすが井村屋のあずきバー。包丁の背で叩いても全っ然割れないでやんの(笑)
棒のまま数秒温めて外すことをオススメします。

あずきバーを入れたらラップをかけてレンジでチン。
ワット数がどこにも書いていないんですが、あずきバー2本で500~600Wで2分30秒~3分くらいでいいかと思います。
様子を見ながら調整した方が良いかと。

溶けて熱くなったら取り出し、雪見だいふくを入れて完成です。

笑っちゃうほどぜんざい。

▽さてさて出来上がりがこちら。

f:id:yoshimamo:20151218125001j:plain

見た目はぜんざいそのものです。
あずきが原材料なんだから当たり前ではありますが( ̄▽ ̄;)

アイスが溶け出す前にまずはぜんざい(あずきバー)の部分からいただきます。


うん…


ふふっ

 

ぜんざい(笑)

 

いやもう普通にぜんざいです(笑)
マツコさんが笑ってたのも納得。

アイスにした時にあずきの味が凝縮されているので溶かしても結構濃いですね。
粒もたくさん入っています。

これ、好きかも。

雪見だいふくも崩してみると、牛皮の部分がぜんざいに絡みつきます。

ツヤツヤぷるぷる。
食べるとトロトロもちもち。

普段入れるお餅とは違う舌触りです。
お餅のしっかり感が欲しい人には物足りないと思いますが、これは新鮮。

そのうち溶けてくる雪見だいふくのバニラアイス。
一緒に食べるとあずきの甘さをほどよくまろやかにしてくれます。

バニラアイスの部分は思ったより溶けませんでしたね。
食べきる頃にも綺麗に形が残るくらいなのでかき混ぜて溶かしたくらいです。

あずきバーを1本にして汁気が少なかったせいかもしれません。
やはりあずきバー2本使うべきだったか…でも勇気が無かったんだ…!

最後に

ちなみにあずきバー×2本=約300kcal。
雪見だいふく1個80kcal。
合計400kcal近くになります。

気にしない方はどうぞ2本お使いください。笑
気になる人はだいふくを半分にするのも手です。

とはいえこれは美味しかった。
あそこまでまんまぜんざいになるとは。添加物を使わない井村屋だからできるんでしょう。
寒い夜でしたがほっこり優しい気持ちになりました。

所要時間約7分。しかも簡単。
あずきバーを常備しておけばお餅を入れていつものぜんざいもできます。
テレビを見て気になった人は絶対作った方が良いですよ!