読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

いたってシンプルな栗きんとんのレシピ。※12/31修正

f:id:yoshimamo:20151226150957j:plain

クリスマスが終わったらあっという間に大晦日とお正月がやって来ますね。

今日はお正月にぴったりな栗きんとんの作り方を、備忘録の意味も含めて書いておこうと思います。

栗金団(くりきんとん)は、日本の料理のひとつ。主におせち料理に用いられる。「金団」は金の団子もしくは金の布団という意味で、転じて金塊や金の小判などに例えられ商売繁盛・金運・財運をもたらす福食として、正月のおせち料理の定番となったものである。

Wikipediaより

ほう。金運を上げる料理としておせちに入れられているのか。

我が家はおせちを作ることはありませんが、栗きんとんは大好きなのでコレだけ毎年作ります。

出来たものを買えばパッケージ外すだけで食べられるので楽なんですけどね^^;
祖母の作る少しかたいものに慣れてしまったため、祖母が作らなくなった今も私が引き継いで作ることになっています。

栗きんとんの作り方

材料

さつまいも ・・・500g(皮込みで)
栗の甘露煮 ・・・好きなだけ(我が家は1瓶)
くちなしの実・・・1個
水     ・・・1/2カップ
砂糖    ・・・大さじ2杯

上記の分量で大体15㎝四方のタッパー1つ分くらい作れます。
それぞれが食べる量にもよりますが3~5人分くらいでしょうか。

クチナシの実は近所のスーパーで売ってましたが、なければネットでも買うことができます。

作り方

1.下ごしらえ

さつまいもを2㎝幅の輪切りにし、皮を剥きます。
皮を剥くときは厚めに、2~3㎜くらいで。

さつまいもは切るとアクのせいで断面が変色してきます。
なるべく早く皮を剥き、水にさらすようにしましょう。
(変色しても食べられます。きんとんの見た目にもあまり影響はありません。)

クチナシの実は軽くつぶしてお茶パックに入れておきます。
お茶パックに入れてから叩いてもいいんですが、袋が破ける可能性があるので気を付けてください(笑)

栗の甘露煮は食べやすい大きさに切ります。
1個そのままでもいいし、4等分でもいい。
私は量と食べごたえを考えて半分にしています。参考までに。

2.炊く

さつまいもを切ったら鍋にさつまいもとそれがかぶるくらいの水、お茶パックに入れたクチナシの実を入れてコンロの火をつけます。

沸騰したら、そのまま吹きこぼれないよう注意しながらさつまいもが柔らかくなるまで待ちます。
15分くらいでしょうか。
竹串がスッと通ったらOKです。

3.つぶす

さつまいもが炊けたら火を止めてクチナシの実を除け、鍋のお湯を3分の1くらい残して捨てます。
あ、捨てると言ってもシンクに流さずコップか何かに取っておいてくださいね。
あとで固さを調節するのに使います。

そして砂糖と甘露煮の汁を入れて鍋の中でさつまいもをつぶします。
裏ごしとか面倒なんでしませんw

擂粉木やマッシャーを使ってごりごりと、形が無くなるまでつぶしましょう。
潰したら味見をして好みの甘さに調節してください。

4.煮る

最後に栗を入れて少し煮ます。

きんとんの固さは水分の飛び具合で調節しましょう。
火にかける時間が短ければ柔らかく、長ければ固く。
固くなり過ぎたときは先ほど取っておいたお湯を入れて延ばします。

良い具合になったら火を止めて冷まし、タッパーや重箱に詰めればできあがり!

完成

f:id:yoshimamo:20151226150818j:plain
※写真はイメージです。今年作ったら差し替えますm(__)m

手作りすると甘さが調節できるので、甘いものが苦手な父も食べてくれるのもメリットなんですよね。

裏ごししてないので繊維がバリバリ入っていますが、お通じはよくなるはず(笑)