読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

倉橋トモ「sick」を贈っていただきました。ありがとうございます!!(土下座

先週の半ば頃でしょうか、メール便が届きました。

f:id:yoshimamo:20160410222453j:plain

アマゾン?
何も頼んでないぞ?

ということは…

 

ほしい物リストだー!\(^O^)/

 

先日のほしい物リストからまさか2度も届くなんて!
こんな一庶民に贈っていただいてありがとうございます(;_;)

贈り主は今回も名無しさん。
心優しい殿下様からの贈り物、有難き幸せにございます…!!(今回も貴族と庶民ごっこ

早速「中身は何かな~」と開封。

f:id:yoshimamo:20160410222503j:plain

わー!

BLやないかーい!\(^O^)/

殿下は勇者様でもあったようです。
このジャンルをポチって贈られるなんて…!

お仲間かな。
お仲間でなくても嫌いではないと捉えていいのかな。
それだけで嬉しいです。(このブログではそういう話も少なからずしてるので)

それでは、せっかくいただいたので追記より感想を少し書いていこうと思います。
苦手な方はここで他のページなんぞ見ていただけると幸いです。腐った話ばかりではないので(笑)

 

 

倉橋トモ「sick」ざっくり感想(ややネタバレ有)

「sick」は2015年発行のBL漫画。
「Qpa(クパ)」という竹書房の月刊BL専門電子書籍サイトにて配信されていた作品だそうです。

BLアワード2016の「あまキュン」部門で2位に入っていて、倉橋先生の絵が好きなので気になってほしい物リストに入れていました。
というかリストを作ったら商品がBL本ばかりで、削って削って生き残ったのがこちらだったという(笑)

あらすじ

顔良し、要領良し、家柄良しの
順風満帆な人生を送る須藤。
もちろん彼女にも不自由したことはない。
気の置けない友人も多く、
まさに花のキャンバスライフを謳歌中。
……そのはずなのに、
同じゼミの岸先輩(コミュ障)に
嫌がらせをすることが、楽しい日課になりつつあって……。

「sick」裏表紙より

収録内容は本編6本+書き下ろし1本+あとがきとなっています。

大学生の須藤×大学院生の岸というカップリングで「大好物の年下攻め来たー!」と思いましたが、読み始めてすぐ後輩の可愛さがないことに気づきました(笑)

物語は、既に二人は出会っていて岸くんが須藤くんにいたずらをされるところから始まります。
最後はなんやかんや付き合うことになってハッピーエンド。

余談ですが裏表紙の岸くんの格好がやばいです。ズボンを穿きなさい!

受も攻も可愛い!

あまキュン部門ノミネートに納得です。
二人とも可愛い!

まず攻めが可愛い。
イケメンで頭も良くてお金持ち。
友人にも女の子にも困ってない恵まれた環境で「人生で唯一フラれた初恋の相手にそっくり」という理由で岸くんにちょっかいをかける須藤くん。
岸くんの白衣のポケットに飴詰め込んだり、白衣のサイズを変えたり、足引っかけてこけさせたり…

子どもか!とつっこみたくなるショボさにクスリとしつつニヤニヤしつつ読んでいました(笑)
しかし寝起きを襲うのはいただけないぞ、君。

受けの岸くんはルックスと、須藤に迫られた時の反応も可愛いです。
こういう見た目が受け受けしい子好きなんですよね。NOT女の子っぽい。
表紙の彼が幼いからてっきり高校生カップリングかと思ったら、まさかの院生でした。

元々他人と触れ合うことを避けていて、大学に入って自分と違うタイプの人達にめちゃくちゃ絡まれてますます人と接するのが苦手になった岸くん。
自分の印象では、あらすじに書かれていた「コミュ障」というより「人に興味がない」「人と関わる気が無い人」という風に見えました。
言葉数は少ないですが須藤くんにムッとしたりジト目向けたり素直に感情を出せているし、会話も成り立っているので。

あぁ、でも大学の人と話すシーンのあとには泣いていたのでトラウマにはなっていたんだろうな。
ということは須藤くんにだけ素直に感情を表すことができるのか…それはどうして?ねぇねぇ?と岸くんに問い詰めたくなってきました。ニヤニヤ。

ストーリーは好きな子を苛めたくなっちゃう恋愛あるあるなお話です。
どちらも無自覚で互いに苦手意識(嫌悪感)を抱いていたはずなのに、徐々に相手に惹かれていることに気づく。
あるあるなので展開は読めますが、それでもヤキモキしながらキュンとしながら読み進めることが出来ました。
王道こそ正義!

モノローグが攻め視点なのが新鮮でしたね。自分が読んでいるものは9割受け視点なので。
1話の中で視点が変わるので、そこは統一されていたら読みやすかったかなと思います。

ベッドシーン(ベッドではない)は未遂1回、がっつり2回半(笑)
話自体は可愛いですが苦手な人にはオススメできないかもしれません。

あと、個人的に倉橋先生に言いたい。

本番の描写お願いします!!

こんなこと言うと怒られるかな。
以前読んだ「いただきます、ごちそうさま。」でもそうなんですけど、ここからだ!ってところで朝チュンなんですよ……
見たい…最高に可愛い受けを見たいです先生……。

他にメイン二人以外の登場人物としては、教授、岸くんの兄弟(上1人、下3人)と昔絡んできたクラスメイト、須藤くんの友人・女の子、書き下ろしに須藤くんのお姉さんも登場していますが、二人の恋愛には皆あまり関わっていません。
須藤くんが友人に冷やかされたり、岸くんのお兄さん(ブラコン)が壁として立ちはだかったりしますが、わりとあっさり乗り越えます(笑)
もし続編が描かれるとしたら、この辺のバトルも見てみたいですね。

まとめ

そろそろまとめに入ろうか、というところで部屋に父親が入ってきて置いていた本を見られました(爆)

今回の「sick」は大学生×大学院生の甘酸っぱいお話で、ニヤニヤしたい人にオススメの作品です。
二人が通う大学の生徒(モブ)になってやいのやいのやっているところを見ていたいと思いました(*´艸`*)

あらためて、心優しい名無しさん、贈ってくださってありがとうございます!

▽自分は紙派ですが電子書籍でも読めるみたいです。