読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

ほしい物リストより「アイツの大本命8」を贈っていただきました!ありがとうございます!!

娯楽-BL 娯楽

※BL作品が苦手な方は他ページへの移動をお勧め致します。

またまたほしい物リストから贈り物をいただきました!

f:id:yoshimamo:20160425183221j:plain

こんなにも贈っていただけるなんて、感謝感激です(T人T)
世の中捨てたもんじゃないですね。
心優しい人はたくさんいらっしゃる!

今回もお名前は記載されておりません。
名無しさん、ありがとうございます!m(__)m

それでは早速開封させていただきましょう。
平たい箱だけどなんだろう……

 

f:id:yoshimamo:20160425183228j:plain

わーい!

BL本だー\(^O^)/


sick」に続いて二冊目の漫画でございます!
書籍はメール便でしか来たことがないので箱で届いたのは新鮮でした。

アイツの大本命8巻ざっくり感想(ややネタバレ有)

まず、こちらの贈り物は4月13日に届いていました。
記事にするのが遅くなってしまい申し訳ありません。
感想と共に書こうと思っていたため、今頃になってしまいました(_ _)

あらすじ

「アイツの大本命」シリーズは、学校内外の女子を虜にする超絶イケメンの佐藤と全校女子を敵に回す超絶不細工な吉田の、日常ラブコメっぽい漫画作品です。
ほぼエロがないので入門編としてオススメ。

▽8巻のあらすじはこんな感じです。

小学校の頃から西田の事が好きなイケメンの東。だけど西田の想い人は不細工な吉田で…!?
大人気シリーズ「西田×東」の番外編を筆頭に、佐藤の一方的な交際宣言後、純情な吉田を益々翻弄しちゃうお話が!?
気になるモテ男の佐藤&ブサカワな吉田との恋を収録した、話題の読み切り「クリスマス編」、「お正月編」&「修学旅行編」のスピンオフがショート描き下ろしで登場♡

アイツの大本命8 裏表紙より

ブサカワってワンちゃんねこちゃんに使うような言葉じゃないのか…(笑)

各話の内容はざっとこんな感じ。

  • 佐藤が、家族旅行があるため冬休みに会えなくなるからと吉田にべったりしようとする話
  • 書き初め大会で学校の女子が佐藤をかけて闘う話
  • 東と西田の話
  • 修学旅行の話(前編・後編)
  • とらちんと山中
  • 修学旅行スピンオフ(描き下ろし)

メインの佐藤×吉田の話が4本ほか、西田×東が1本、山中×とらちんのショートが1本、描き下ろしが1本収録されています。

可愛い吉田が見られます

まぁいつも佐藤に振り回されてあたふたしている姿がDTらしくてピュアで可愛いのですが、今回は最初の「佐藤が吉田にべったりとしようとする話」で佐藤に迫られて半泣きで抵抗しようとしている顔が可愛いです。

このシリーズはイヤイヤ言う吉田を見て喜んでいる佐藤の気持ちがよく分かるんですよね…
読んでいると「私ってS?」なんて思ってしまいます。
SかMかなんて干支2~3周しないと分からないと誰かが言っていたので気にしませんが。

ちなみに7巻で二人の関係を周りにカミングアウトしているので、最近堂々と校内でいちゃついてます。
この話で佐藤が吉田を半泣きにさせているのも教室内です。
そして佐藤の生き生きとしている姿を見て(自分では適わないのだ…という思いで)崩れ落ちぬよう耐えるクラス女子…

どんな学校!?

ピュアな佐藤がちょっと見られます

修学旅行の前編、旅のしおりを見ながら「修学旅行は初めて」と言って照れる佐藤。
彼のピュアな一面を見た気がしました。

いつも(吉田限定で)意地悪ばかりする佐藤ですが、育ってきた環境からこういう「普通」への純粋な憧れも持っている可愛いところもあるんですね(失礼
吉田とも普通に新婚生活を送りたいとか思っているのかも。

強豪女子たちも健在

大本命名物(?)の超絶強い女子は今回も健在でした。

書き初め大会での気迫といい、修学旅行編での他校女子を相手にした時の1発KOといい、毎度佐藤くんのためなら全宇宙を敵に回しても勝てそうな熱量を彼女たちには感じます。

佐藤と吉田の関係を知っても諦めず、二人がイチャイチャ(笑)しているところを目の当たりにしても倒れない精神力はすごい。
見習いたくはないけど(笑)

しかし、修学旅行編での彼女たちの結束力はどうなっているのかが不思議でした。
学校内では「私が佐藤くんとお近づきになるの!」と闘っている者同士なのに、班決めをする際に穏便に話し合って、佐藤の班に代表でカメラマンとボディガード(他校女子から守るため)の女子を入れるんですよ。

よく「女は好きなものが同じだと敵になる」みたいなことを聞きますが、校内ではそういう関係なのに、外に出ると「皆平等に行こう」という意識になるみたいなんですよね。
どこで切り替わるんだろう。

「純粋に修学旅行を楽しみにしている佐藤」を思ってのことでしょうが、私が私がとならず、ちゃんと相手(佐藤)のことを考えているあたり本当に佐藤のことを大切にしているんだなぁと感じました。
ぶっ飛ばされた他校の女子はお気の毒様ですが(笑)

まとめ

吉田の女子との闘いはまだ終わりそうにありませんが、佐藤と吉田の関係が全校に知れ渡ったもんでとりあえず一段落したかなーという印象です。
笑ったりキュンとしたりしながらも、のんびり読むことができる巻でした。

最新刊は9巻(2016年4月現在)ということなので、近いうちにそれも読めたらいいなと思います。

あらためて、贈ってくださった名無しのお方に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!!