読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

野良犬はちゃんと寝ているの?という素朴な疑問。

f:id:yoshimamo:20160502170454j:plain

以前書いた野良犬の記事がうっかり検索上位に入っていました。嬉しいー!
 
今日の記事は、野良犬の睡眠についてです。
 
地元では今もたまに野良犬を見かけます。
 
この前は国道を白い犬が3匹横切っていきました。
その前なんか、うちの車の前で茶色い子が1匹寝ていました(笑)
 
どちらも夜遅くのことです。
 
そこでふと気になったのが、野良犬さん達はちゃんと休めているのか?ということ。
見かけるのはたいてい起きて動いている姿だったり、うちの車の前で寝ていた茶色さんも1時間経たないうちにどこかへ行ってしまったんですよね。

外は危険が多いので気が抜けないのかもしれませんが、もし1時間おきに起きて移動しているのだとしたら、ゆっくり休めないのではないかと心配になります。

野良犬はいつどこで寝ているの?

夜行性ですから夜動いているところを見るのは当たり前ではあります。
しかし、昼も人や車の往来が多くて休めないのではないかと思うのです。

野良犬さん達はどこで寝ているのか、またきちんと休息は取れているのかについて調べてみました。

暗い場所が落ち着くワン!

まず寝床について。
 
自分が見た野良さんの寝床は以下の場所が多かったように思います。
  • 駐車場
  • 空き地
  • 日陰
友人によると公共施設の駐車場で4匹並んで寝ていたこともあったとか。
規則正しく並んで横たわってしばらく動かなかったので、死んでいるのかと思ったそうです。
冬の日だったので日向ぼっこでもしていたんでしょうかね^^;

またネットでは、Yahoo知恵袋にてこんな回答を見つけました。
こんばんは。
静かな草むらや、
クルマの下で眠っています。
明るいところでは眠りにくいのは、
人間と同じなんですね!
 
暗いところで寝ているんですね。
静かな草むらは納得です。たまに公園の周りを通ると「ガサガサッ」という音が聞こえるので(笑)
 
車の下でも眠るのは意外でした!
猫さんはよく車の下にいるところを見ますが、成犬は下に入れるんでしょうか…そこが気になるw

車の前も普段は明るいけれど、夜ならどこでも暗くなるので堂々と寝ていたのかもしれませんね。
かなり前には空き地でも2匹寝ていたことを思い出しました。あれも夜だった。
雨の日は公園にある屋根つきのベンチやお店の軒下を転々としているのかなと思います。
 
ギリシャでは閉店後に店舗を開放して野良犬の寝床として提供しているカフェがあるそう。
冬の屋外は特に凍えてしまいますから、これは素晴らしいですね。
 
 

睡眠時間

細切れに寝ていてきちんと休めているのかも調べました。

結論から書きますと、問題ないと見てよさそうです。

犬の睡眠時間は平均1日10時間。
人間の7~8時間と比べると、結構なロングスリーパーですね。

これは何故かというと、ワンちゃんは敵が来ても気付くように、常に「レム睡眠」の状態で眠っているからなんです。
レム睡眠とは眠りが浅い状態のことで、人間の場合はレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しながら眠っています。
眠りが浅いと体の回復も遅いので、しっかり体を回復させるためにワンちゃんはより長い睡眠が必要になるのです。
私達でもあるのではないでしょうか。前日の疲れが抜けきっていないとか。


そうすると「そんなに寝ないといけないなら尚更1時間くらいじゃ休めないだろう」と思うのですが、ワンちゃんの睡眠時間である10時間は、1日トータルの時間らしいのです。
つまり1度に1時間しか寝られなくても、それを10回行っていれば十分睡眠がとれているということになります。

判断材料が見た目しかないので正確ではありませんが、車の前で寝ていた野良さんはやせ細っているなど不健康的な見た目ではありませんでした。

他の野良さんも同様、ほとんどは中肉中背です。
他の場所でまた少しずつ眠っているのかもしれませんね。一安心です。

まとめ

今回調べたことで、野良犬さん達はちゃんと寝ているのだろうことが分かりました。

ネット上には野良犬の寝床に関する情報がなかったので、実際に野良さんを追跡して調べてみたいですね。
気付かれると襲ってくるか猛スピードで逃げられるけど…(苦笑)