読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

8対16時間ダイエットを1か月続けた結果と感想。

f:id:yoshimamo:20160616193026j:plain

約1ヶ月前、私は「8:16時間ダイエット」というものを始めました。

今日はその結果報告をしていきたいと思います。

8:16時間ダイエットについては過去記事「好きなものを食べて痩せる!?8対16時間ダイエットの効果を1か月かけて調べます。」をご参照ください。

8:16時間ダイエットを1ヶ月行った結果。

まずは「8:16時間ダイエット」の簡単なルールをおさらい。
  • 24時間中8時間のうちにその日の食事を終わらせる
  • 16時間は何も食べない(水は飲む)
  • 8時間内であれば何を食べても良い
  • 過度に食事量を増やしてはいけない
食べない時間を増やすことで内臓が休まり、食べ物の消化時により活発に内臓が動いてエネルギーを使ってくれることで痩せる、という仕組みです。
いうなれば、半日以上の断食を毎日行っていることになります。

体重の変化

ダイエット前の身体の数値は下記の通りです。
 
体重 :48kg(仮)
体脂肪率:約22%
ウエスト:66cm(仮)
 
仮名ならぬ仮体重。だって恥ずかしいじゃない!(笑)
でも大体これくらいです。
 
食事ができる「8時間」は1日のうち何時から始めてもOKとのことだったので、私は毎日午後1時から午後9時までの間に食べるようにしました。
炭水化物多めで1日2食、お腹が空いたらお菓子を食べることも。
摂取カロリーはトータルで1200〜1500kcalくらいでした。
運動量はウォーキングを1日1時間、週3日ほど行いました。
 
そして1ヶ月後、現在の数値はこうなっています。
 
体重:46.8kg(仮)
体脂肪率:20%
ウエスト:65.5cm(仮)
 
なんと体重が1.2kg、体脂肪率が2%、ウエストが0.5cmダウン!
1ヶ月でこれだけ?と思われるかもしれません。
女子か!と言いたくなるかもしれません。いや、女子なんですが。
 
しかしダイエットで制限されがちな糖質・脂質などを食べてのこの数字は、まぁ良い結果と言えるのではないでしょうか。
ついでに私は1年で1kg変わるかどうかの「痩せにくく太りにくい」体質です。
それがひと月で減るというのは、結構大きなことだと思うんです。

減り方としましては、痩せにくい時期から始めたこともあり10日か2週間過ぎた頃からグラム単位で減り始めました。
万年便秘気味なのでその日のお腹の調子で結構増減はありましたが^^;

便秘について

その便秘について、8:16時間ダイエットを実践した人の体験談では「お通じが良くなった」とおっしゃっていましたが、今回私は残念ながら解消されることはありませんでした。
食生活や不規則な就寝時間が改善されてないせいだと思います…反省。

感想

ローリスク・ローリターンのダイエット方法だと思いました。
もともと食事量の多い人は何kgも痩せられるとは思いますが、やはり糖質制限や激しい運動に比べると少ないでしょう。
ただし、この方法は断然楽です。

好きなものが食べられる

食べることが大好きな人にとって、好きなものを食べても痩せられるというのは理想的です。
ダイエットの天敵である糖質も脂質を我慢しなくていいなんて、それだけで大半のストレスがなくなります(もちろん暴食はダメ)

好きなものが食べられるということは安心感もあります。
もし8:16時間の16時間のうちにトンカツやラーメンが食べたいと思っても、「明日食べられる」という安心感があるので無理なく16時間を我慢できるのです。

ダイエットでつらいのが「食べたいと思っても食べられない」というところなんですよね。
食べたくて仕方なくなって途中でやめてしまうことが今まで多々あって…(~_~;)
 
16時間のうちにお腹が空いた場合はバターコーヒーを飲むことができますし、挫折の原因である空腹感と食べたい欲求が満たされることで無理なく長く続けられます。
長く続ければそれだけ効果も得られます。
そういうところで、かなり楽です。

間食が減る

以前は夕方前と夜に間食をしていたんですが、このダイエットを始めてあきらかに回数が減りました。
 
スタートの午後1時にめいっぱい食べていたのですが、そうすると夕食(午後7時)までお腹が空かないんですよね。
夕食を食べたあとはお腹が空く前に8時間が過ぎてしまい、夜食も食べなくなりました。
 
間食が減ると摂取カロリーも減り、体重が減るというわけですね。
 
またお菓子やスイーツは糖質・脂質の塊ですから、これらが少なくなることは健康の面でも良かったと言えるでしょう。

水分を摂るようになる

健康面でもうひとつ、水分を多く摂るようになったことも良い効果でした。
 
16時間のうちは何も食べられません。
口にできるのはバターコーヒーか水のみ。
バターコーヒーもカフェインが入っているので夜は飲めません。
結果、お腹を満たすために水をよく飲むようになったんです。
 
私はあまり喉が渇かなくてあまり水分をとらない人間でした。
体の水分が少ないと血液がドロドロになったり、これからの季節は熱中症になる恐れもあります。
尿が出る回数が少ないので悪いものが溜まりますし、便も水分が少ないと固くなってしまいますのでこれは助かりました。

 

デメリット

ここまで書いてきましたが、まぁ良いことだけで済むはずはありませんよね(笑)
 
8対16時間ダイエットの最大の難点は、体重の減るペースが遅いことです。
 
ストレスがないといっても1ヶ月で1kgは急いで痩せたい人には物足りないでしょう。
日常生活の片手間でゆる〜く痩せたい人には良いですが、短期間で痩せたい人にはつらくても他のダイエット方法がオススメです。
 
あと最初はお腹が空いてつらいです。
空腹の状態を作るダイエット方法なので当たり前ではあるんですが、やはりつらい。

 

こんな人には向いていません。

  • 元々食事量が多くない人
  • 短期間で痩せたい人
  • 朝早い人 
  • 胃酸過多な人

上記に当てはまる人は効果が薄かったり、体調に影響が出る恐れがあるので様子を見ながら行いましょう。

元の食事量が少ない人はそこまで体重は多くないと思います。

そのような人は、体重より運動やマッサージでシェイプアップに力を入れて体型を変えていった方が早いです。

朝が早い人は食事開始まで時間があるので、空腹で集中力が低下したりイライラするかもしれません。

日常生活に支障を出しては元も子もないです。

バターコーヒーで凌げないようでしたら別のダイエット法に変えることをオススメします。

胃酸過多な人も、空腹だと吐き気等があると思いますので注意した方が良さそうです。

最後に

気づけば3000文字近くになってしまいました(・_・;
ここまで読んでくださってありがとうございます。
 
結果として諸々の数字がマイナスになったのでホッとしております。
(ダイエット終了後にビュッフェで食べまくって1kg増えたのは内緒の話)
 
今後はシェイプアップに力を入れて脂肪を落としていこうと思います。
次は何を試そうかな♪
 
食事制限なし、食べる時間を決めるだけというお金も手間もかからない8:16時間ダイエット。
「好きなものは我慢したくない!」という人は一度試してみてはいかがでしょうか(^^)


*関連記事*
好きなものを食べて痩せる!?8対16時間ダイエットの効果を1か月かけて調べます。 
8対16時間ダイエットの味方「バターコーヒー」を飲んでみました! 
毎日1時間歩くより5時間立って生活する方が楽して痩せられるかもしれない。