読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

福岡の人気フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」に行ってきました!

東京旅行の余韻も冷めやらぬままに、先日スキマのライブで福岡へ行ってきました。
ライブについては語りはじめると止まらなくなるので黙るとして、ライブの翌日にフレンチトーストで有名なお店「Ivorish(アイボリッシュ)」に行ってきたのでそちらの感想を書いていこうと思います。
 

福岡「Ivorish」のフレンチトーストを食べてきました!

Ivorishは多くのテレビ番組で紹介されたフレンチトースト専門店です。
以前カフェデルソルの記事を書いた際、最初に行こうとして定休日だったお店です(笑)

参考記事:福岡でパンケーキといえばここ!「cafe del SOL」に行ってきました。

幸い今回は定休日と被らず無事行くことができました。

時は休日の午前10時半を過ぎた頃。
地下鉄空港線の天神駅で降りて2番出口を出たらすぐ左へ出てすぐの交差点を左折しばらく直進、ラーメン屋さんの「一蘭」が見えたらその手前の角を右折して、直進すると左手にアイボリッシュがあります。
2番出口から10分もかかりません。

f:id:yoshimamo:20160711165907j:plain

店舗は二階建て。
ドアを開けて中に入ると店員さんが人数を聞きに来てくれます。
1人だと伝え、前に並んでいた2組の後ろで待つことに。
このときメニュー表としてお店のフリーペーパーをいただけます。

店内はドアのすぐ右手にレジとショーケース、
奥にカウンターとキッチン、
左手には順番待ちの椅子と2階へ上がる階段とインテリアが少々あります。

ホールスタッフさんは1階と2階でそれぞれいらっしゃって、マイクでお客さんや注文についてやりとりされているようでした。
しっかり連携が取られているので傍から見て安心です。

ショーケースでは持ち帰り用のフレンチトーストやコンテナなどのスイーツのサンプルがズラリ。
この時点でもう美味しそうです。

さらにカウンターでフレンチトーストを食べるお客さんと、その奥のキッチンではガラス越しにフレンチトーストを焼いている様子を見ることができます。
朝食を抜いてきた状態でこれらの誘惑はつらかった!(笑)

その後、だいたい20分ほどで順番が来て2階のテーブル席に案内してもらいました。
今回入口から丸見えの席は個人的に落ち着かないので二階席をお願いしていましたが、カウンター席はそれより早く空いていたので「なるべく早く食べたい」という人はカウンターであれば待ち時間が少なくて済みそうです。

メニューについて

f:id:yoshimamo:20160711165928j:plain

二階に上がって空いたところに着席。
周りを見ると女性率が高く、ほとんどが友達や恋人と来ているようでした。会話が飛び交い賑やかです。
そんな中ぼっちの自分。めげません\(^O^)/

さて、メニューはこんな感じになっています。

f:id:yoshimamo:20160711170018j:plain

※価格は税抜。

お値段的に量も多そうですが、大体ハーフサイズもあるので一人で行っても食べきることが出来るかと思います。

f:id:yoshimamo:20160711170034j:plain

スイーツだけかと思ったらランチとして食べられるおかずのプレートやサラダもあるようです。

f:id:yoshimamo:20160711170110j:plain

このときは開店3周年記念の特別メニューとしてメロン果肉の乗ったフレンチトーストも販売しているようでした。

メロンの皮に入ったフレンチトースト…どんな味なのかものすごく気になりますね…

しかし私は前々から気になっていたこちらを頼みます。

f:id:yoshimamo:20160711170048j:plain

その名も「パンプディング ピーチ」!

文字通り桃とプディング、カットした冷たい苺とクランベリーソースがかかったメニューです。
桃が好きなことと「焼きたてのフレンチトーストと、冷たいプディングの温度差がアクセントになったIvorishの自信作」という説明を読んでしまったら食べずにはいられません。

メニューは決まっていたので着席後すぐにスタッフさんがお冷を持って来てくれたタイミングで注文しました。

尚、ランチタイムは無料でコーヒー・紅茶・オレンジジュースのどれかが付くそうです。
今回はホットの紅茶をお願いしました。

パンプディングピーチ 1944円(税込)

待っている間に飲んだお冷に何か味がついてました。
レモンやミントの香り…レモングラスというやつかな。
田舎民がえらいお洒落なとこに来ちまったなぁと思いました(笑)

注文しておよそ10分。
お待ちかねフレンチトーストがやって来ます。

f:id:yoshimamo:20160711170121j:plain

じゃじゃーん!!

美味しそう~~~!!

最近の写真にしては上手く撮れました(自画自賛

直径20㎝強ほどのフライパンにドドンとパンと桃、ソースやらがたっぷりいろいろと乗っています。

ちなみにパンプディングピーチはハーフサイズがありません。
写真ではそうでもないですが実物は結構量があります。

一人で食べられるかな…と心配になりながら、ひと口いただきます。


もぐもぐ…

 

う、うまい!!!

まず桃から美味しい。
よく熟れて柔らかい白桃をシロップ漬けたものなのですが、甘くてとろっとした食感に、桃の良い香りがして食欲を加速させます。
桃やばい。(語彙力ゼロ

次はパンと苺を一緒にぱくり。

f:id:yoshimamo:20160711170129j:plain

おぉぉおいしい~~~!!!


パンは食べやすいサイズに切って盛られているのですが、とろっとろに柔らかい!

アイボリッシュのサイトによると、こちらで使われているパンは既製品ではなくアイボリッシュのフレンチトーストのために作られた特製のパンを使っているそうです。
順番待ちのときにキッチンを見ていたら食パンでもフランスパンでもなく、なんだか円柱型のパンが置かれていました。
あれを輪切りにして、さらに一口サイズに切って盛りつけていたのか~。

円形でもパンには耳があります。
耳がある部分はしっかりとしており、ギュッと噛みしめられる食感となっています。
耳がない部分は問答無用でとろ~んとしており、意識が持っていかれそう…!

ふわふわ、シュワシュワのフレンチトーストは食べたことがありますがこれは初めての食感です。
プディングの甘さと相まって濃厚な味わい。
一緒に食べたイチゴは凍らせて小さくカットされており、少しの酸味とシャリシャリとした歯ごたえ、冷たい舌触りが良いアクセントになっています。

ちなみにプディングとは何ぞやと思って調べたらプリンみたいなものらしいですね。というかプリンでした。
プディングって書いてるのを完全に忘れて「濃いカスタードクリーム?」とか思ってました。すみません。

パンの中には一部プディングがかかっていないところもありますが、それはそれでバターの芳醇な風味がしっかりと味わえるのでオススメです。
おそらくプレーンを注文するとこういう味なんだろうな、という感想。
バターってこんな強い香りするんだ!というくらい濃いです。
せっかく来たから豪華なものを!と思いがちですが、これならプレーンでも十分満足できそうです。

2/3くらいから若干フードファイトと化しましたが、紅茶の助けもあってなんとか完食。
レギュラーサイズは二人で1つ食べるくらいがちょうど良い量ですね。
店員さんに全部食べられましたか?と聞かれたからそういう量だったのでしょう(笑)

ハーフサイズのないメニューを食べたい時は二人以上で行かれることをオススメします。
隣の席の二人組がおかずとスイーツのフレンチトーストを一つずつ注文して半分ずつ食べていて良い食べ方だなと思いました。

とはいえ、甘いもの好きの人はパンプディングピーチのプディングととろとろのパンに満足すること間違いなし!
各日数量限定なので開店したら早めに行きましょう!

f:id:yoshimamo:20160711170141j:plain

ごちそうさまでした!

今度来ることがあったらプレーンでバターの香りを堪能したいです(*´ω`*)

店舗情報

Ivorish(アイボリッシュ)

住所  :福岡県福岡市中央区大名2丁目1番地44号
電話番号:092-791-2295
公式HP  :http://ivorish.com/
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 :第1、第3火曜日(祝・祭日の場合は営業し、翌水曜日に代休)

最後に

12時過ぎに食べ終わって外に出たら向かいの道に行列ができていました( ̄□ ̄;)

f:id:yoshimamo:20160711170255j:plain

ざっと数えて10組はいたかと…1時間待ちは確実ですね。
私が順番待ちし始めた11時前後からすでに何組かお客さんが入ってきていたので、行くなら開店直後がオススメです!