読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

今週のお題「わたしの本棚」

今週のお題

f:id:yoshimamo:20160713164613j:plain

2016年7月15日追記:
ヨメレバのテーブル内に本文や見出しが入る、本文が表示されていない、といったミスを修正致しました。

今週のお題「わたしの本棚」

私の本はテレビボードについている本棚に収納しています。
だいたい3段カラーボックス1.5個分ほどのスペースで、80冊行くかどうかというところ。
数字を見ると大きいですが、はてな界隈では少ない方だと思います。

少ないながらも、今日はその本棚に入っている中からお気に入りの作品をご紹介しようと思います。

はてなお題「わたしの本棚」

本棚の内訳は9割が漫画本、続いてラノベと実用書です。
友人の薦めもありますが、アニメで見て原作を買うパターンがほとんどですね。

漫画本をさらに分けると少年2:少女4:BL4。
高校までは圧倒的に少女漫画が多かったんですが、ここ数年でBL本にじわじわと侵食されつつあります…。
先日友人にも言われました。
「商業(BL)に手を出すと際限がなくなる」と。

少年漫画

銀魂

少年漫画の9割は銀魂。
アニメから入ってドハマりした漫画です。
ギャグだけど深い言葉に考えさせられたり勇気づけられたり。

連載が長い作品は途中を中古本でまかなうことも多いのですが、これだけはいつも新品を購入して読んでいますね。
といっても終わりに近づいてると気づいてからはコミックスが完結してから読むつもりで買うのを止めてしまいましたが…そろそろまた揃えていきたいです。
そして終わったら全開封するんだ。

実写化は空知先生のコメントを読んで、笑い飛ばすつもりで見ようかなと思いました。

変態仮面

下ネタOKなら何も考えずに笑える一冊。こんなんばっかか!笑
レビューによると修正個所があるそうなので、本当は元の単行本がほしかったです。

少女漫画

アニマル横町

りぼんっ子だったので好きな漫画はりぼんコミックスが多いですね~。
漫画全般を読み始めたきっかけでもある「アニ横」はキャラクターが可愛くて、りぼんを卒業した今でもコミックスを集めています。
この作品を読み始めたのが小学校高学年頃だったので、十数年は連載されていることになりますか。すごいなぁ。

ナインパズル

今はほとんど読まなくなりましたが、酒井先生の絵が好きで手放すことなく今も本棚に置いています。
これをきっかけにビリヤードをやってみたくなって、ネットゲームでナインボールをひたすらプレイしていた時期もありました。
小6の頃の話です。ませてたな~。

山本善次郎と申します

これだけ挙げると時代が分かるなぁ(笑) 全4巻で、1~2巻がすごく好きです。
最終回の展開がイマイチだと思った記憶があってコンプリートしてないんですよね。
今読めば変わるのかなと思いつつ、他のほしい本に目が行ってしまい後回しになっています^^;

Dear Girl~Stories~響

この元となっているラジオ番組「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」が好きで読んでいた作品。
ラジオの小ネタが散りばめられていることと、いわさき先生の絵がかっこ可愛いところが好きで、描き方の勉強も兼ねて今でも時々取り出して読んでいます。

BL

純情ロマンチカ

中村春菊先生の作品はどれもキュンとしますが代表作としてロマンチカを。
回を重ねるにつれて美咲くんがほだされていく姿を見てニヤニヤしています。
最新巻買わなきゃ。

言ノ葉便り

「言ノ葉ノ花」という作品が好きで、こちらは続編になります。
砂原先生は文体と、男同士の壁を意識した話を書かれることがあるので好きな作品が多いですね。

テンカウント

絵が好き!あとエロい!(オイ! 連載だからか、話がゆっくり進んでいくので人物に感情移入?というか心情をきちんと把握することが出来て入りこんじゃいます。

イエスかノーか半分か

表紙買いしたら「ワンコのふりをして狼な年下攻め×口と性格の悪い受け」と個人的にとっても好きな組み合わせでした。
現在シリーズが3冊出ており、3冊目を買ったまま本棚に置いてあります^^;

その他

バッカーノ

我が家にある数少ない一般ノベル(笑)
伏線が張られまくっていて何度も戻りながら読みましたが、すべてが繋がる瞬間が快感!です。

 パース塾

「背景なにそれおいしいの?」という超初心者の頃に買った本。成果は不明。
パースがどういうものかは理解しましたが、初心に帰るために本棚に置いています。

 

最後に

以上、ざっくりと私の本棚にある本を挙げてきました。

アマゾンの商品ページを見ていたら昔の作品はkindleで配信されているみたいで少し意外でした。
普段読まないものは移行してもいいかもしれませんね。