よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

はてなお題「夢と挫折」

高級肉が欲しかったけど感想文は大の苦手なので「夢と挫折」の方で書いていこうと思います(笑)

昼前に起きてブログ書きネットサーフィンをする日々を送る私にも、夢を見ていた時代がありました。

はてなお題「夢と挫折」

一番最初は幼稚園のころ、ケーキ屋さんになりたいと思っていました。
女の子がなりたい職業の定番でしたね。ケーキ屋さんとかお花屋さんとか。

単純に甘いものが好きだったので、毎日ケーキが食べたくてなりたいと思っていたのでしょう。子供の夢ですからそんなものです。
ごくたまに幼稚園の頃の夢を叶えている人の話を聞くと、そこまで熱意を持ち続けられることをすごいなと思います。

漫画家になりたかった学生時代

学校にあがると勉強やなんやでそんな夢はすっかり忘れていましたが、小学校を卒業するころに友達が持っていた少女漫画を読ませてもらったことがきっかけとなり、イラストを書くようになりました。

少ないお小遣いで雑誌や単行本を買い、可愛いと思ったページをトレスする日々。
オリジナルも書いていましたがベースが少女漫画なためか目が顔の半分以上を占めている人物画でした。黒歴史です(笑)

それから高校2年になった頃からでしょうか。
自分も物語を書きたい、人を楽しませたいと思いストーリー漫画を書くようになりました。10年近く前のことです。
まだまだアナログが主流で、近所の文具店で原稿用紙とつけペンを買って、インクは安いから墨汁でいいか、って。
専用インクの方が乾きは早いんですけどね。
スクリーントーンなんかは高いから月に2~3枚ずつ。

プロット書いて、下絵を書いて、ペン入れ、ベタ塗り、ホワイト、トーン貼り…今じゃ範囲選択してワンタッチですよ(笑)
2年で4本くらい投稿したかな。
今までで一番頑張った時期だったと思います。
「今月の締切に間に合わせるぞ!」って徹夜したこともありました。

まぁ結果的に絵もストーリーも壊滅的に下手だったのでどれも入賞にはほど遠い成績だったんですが。
デッサンや模写などちゃんとした練習をしていなかったので当たり前の結果なんですけどね。

ただ頑張るだけじゃダメなんだと知った時期でもありました。

今思えばこれが挫折なのかなと思います。

それからも頑張り方を考えながら書いていましたが、バイト先でのトラブルをきっかけにメンタルを崩してからは何も手につかなくなってしまい、そのまま漫画家になるという夢はフェードアウトしていってしまいました。

それ以降は「○○になりたい」と思うことはなくなりましたね。

思うことはあるけど叶えようとしなくなった、という方が正しいかもしれません。

 

今の夢

今なにか夢はあるかと聞かれると悩んでしまいます。
自分も周りも大人になり現実を見るようになってからは小さなことしか考えていなくて。
 
たとえば、そうだな…
「大人買いをする」とか。
小さすぎ?(笑)
服とか漫画とかの大人買いもそうですが、ミスドの食べ放題が始まりましたがああいうのとか、好きなものをお腹いっぱい食べるのが夢だったりしますw
 
そんな高級志向じゃないので叶えようと思えばすぐできるんですよ。胃袋的にも金銭的にも。
でも、なんかお店の人や家族に「こいつこんなに食べるの?」とか「一気に食べてもったいない」とか否定的な目で見られるのが怖くて。
ええ、自意識過剰です、わかってます!(笑)
 
なので今は「大人買い」が夢ですね。
食べ物系は30歳過ぎるとキツくなると聞くので早めに叶えておきたいところです。

 

最後に

「夢は叶えるもの」

「夢は見るもの」

当記事を読んでくださった方にとってはどちらも聞いたことのあるセリフでしょう。

人によって違うのはわかっていますが時々「どちらが正解なのか」と考えることがあります。

自分の中では叶えようと努力するものは「目標」なので、夢は見て希望などを感じるものかなぁと思ったり。叶ったらいいな〜という感じで。

夢はワクワクした楽しい気持ちにさせてくれますから、いくつになっても何かしら持っていたいものですね。


Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix