読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

【はてなお題】5年後の自分へ。とりあえず元気で生きていればいいです。

今週のお題

f:id:yoshimamo:20161115180605j:plain

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

はてなブログ5周年記念のお題キャンペーン、第2弾も参加させていただきます。
ノートとボールペンください!(ド直球

今回は「5年後の自分へ」というテーマなので、5年後自分がどうなっているか、どうありたいかを思いつくまま書いていきたいと思います。

はてなお題「5年後の自分へ」

5年後って長いようにも短いようにも思えますね。
オリンピックが1回来ると思うと長い気もするし、今までの時間の感じ方を考えるとあっという間だった気もします。
だって内面も外見も5年前と何も変わっていないんだもの(笑)

5年後というとちょうど三十路ですか。響きがちょっとアレだ…。
でも今の30代ってまだお姉さん・お兄さんって呼んでもよさそうなくらい若いですよね。
話を聞くと30歳で急にガタがくるらしいのでそこが心配ですが。備えることってできるのかな…ガクブル。
体重とシミシワたるみは増えていそうですがそこは頑張ろう自分。
あといい加減外に出て働いていると思います。

それはそれとして、内面はまぁあまり変わらないだろうなとは思います。
経験値は上がっていろいろ考えることも多分増えます。
けど良いところを見つける、ありがとうを忘れない、馬鹿にしない、たくさん笑う、などなどのポリシーというか目標というか、そんなところは変わらないだろうし変わらずにいたいですね。(出来ているかどうかは別として笑)

ブログの面でいうと、5年後続けていればちょうど7年になりますか。
別サービスで作っている日記ブログがちょうどそれくらいだったりしますが、はてなを始めて完全に放置状態です( ̄▽ ̄;)

ペースは落ちてもはてなブログやアドセンスなど基盤となるサービスが続いていれば続けているでしょうし、それだけ年月を重ねればいいかげん文章も構成も少しは上達してくれるのではないかな~と淡い期待を抱いてみたりしています。
最近ジャンルを絞ったブログを作りたいと考えているので、もしかしたら収入源をそちらに移して思ったことを好き勝手書いているブログになっているかもしれません。

あと5年というサイクルを見ると、私は生まれて5年ごとに好きなものが増えている、または変わっていることにさっき気づきました。
5歳でSMAPにハマり、5年後に天才てれびくん、また5年後にスキマスイッチ、声優、そして今年また新たな沼に足を突っ込みかけています。こわいこわい。
自分は狭く深くの人間だと思っていたのですが、趣味だから浅く広く気楽に行くのも悪くないのかもしれません。

しかしそろそろ抱えきれなくなりそう。先日観た「怒り」の「大切なものは増えるんじゃなくて減っていくんだよ」という直人の言葉が甦ります。
5年後、私はそれらを手放してもいいくらい大切なものに出会えているのだろうか。

いや、そんな早々に出会えるものではないな。

理想の5年後

実は将来の自分について具体的に考えたことがありません。
だから今こんなになぁなぁな自分になっているのです(笑)

でも「叶えたいことは口に出すと叶う」と言いますから、この機会にいろいろ挙げておこうと思います。

まずは、健康で暮らせていること。
このご時世なにが起こるか分かりませんから、とにかく生きていること。
そして心と体が動かなきゃ始まりませんから、心身とも元気でいること。
これが最低限の理想です。

あと外との繋がりを持っていなければいけないと思うので、さっきも書きましたが外に働きに出ていたいですね。
じゃあ今から出ろよって話なんですが、まぁ詳しいことは今回書かずにおきます。

あとはいろいろと経験を積んで、自分が使える視点や言葉を増やしていたいです。
自分は圧倒的に人の気持ちを汲んだり伝えることが下手なので、せめて人並みにするため、いろいろな見方や頭の中を整理して具体的に伝えられる語彙とか語彙力とかを増やしたいと思います。

最後に

5年後の自分は今日、明日の自分の積み重ね。
理想を叶えるためには今から行動すること!

と言いながら私は今日も「明日からおやつやめる」と誓うのです。

はたして、理想の体型になる日は来るのか。

▽「5年後」で検索したらこんな本を見つけました。