読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

交通ルールは自分を守るために守りなさいよ!

f:id:yoshimamo:20161226185622j:plain

どうも、クリスマスを普段と変わらず過ごしたよしまです。

今年の年末はいつも以上にバタバタしています。

というのも家族がちょっと交通事故に遭いまして。
日常生活に支障が出るほどの怪我だったので、手伝いをしたりなんだりとPCに向かえる時間のほとんどを家事にまわしていました。

このクソ忙しい時期にえらいことしてくれやがって…ブツブツ。

そんな感じで今日は雑記というか愚痴というか、交通ルールはちゃんと守ろうね。というお話です。

交通事故は面倒くさい。

怪我をした被害者本人が一番大変である、ということは先に書いておきます。

今回の事故は家族側が完全に被害者でした。
お店から歩道に出たところでよそ見運転していた自転車にはねられ、転倒した際に打撲・骨折したとのこと。
自転車だからって侮れないですよね。
自動車ではないけど車ですからね、タイヤが付いている車。
歩道を歩いていても気をつけましょうね。

それで警察呼んで聴取されて、連絡先交換して、
病院行って、保険会社に連絡して、
加害者と連絡とって、

といろいろやりとりをしているんですが…


これ、超絶面倒くさいな。


と思うわけです。
(やりとりするのは被害者である家族で私はそれを見ているだけなのですが)

こちらも面倒くさいし、加害者も多分相当面倒くさいのではないかと。

警察呼んで聴取されて、
保険会社に連絡して、
被害者に謝罪しに行って、
具合の確認をするために定期的に連絡して、
また保険会社と連絡とって、

たとえば事故が通勤通学途中だったら。
それこそ仕事が忙しい今の時期だったら。

自分のせいだけどもう嫌になりそうじゃないですか?
(実際、忙しいのか加害者の方から一向に連絡が来ません(ー_ーメ))

ましてや当たりどころが悪くて大怪我を、最悪の場合死亡させてしまったら。
実例がありますからね。自転車による死亡事故とか。

そうなったら裁判になったり、罪悪感や被害者家族からの目など、計り知れない思いを抱えて生きていかなければなりません。

すごく面倒ではないですか。
時間もお金も信用もバッサリ失うんですよ。


そうならないために交通ルールは守ってほしい、守ろう。

今回のことでそう強く思いました。

自分のためでいいから交通ルールは守ってくれ!

こう書くと自己中心的な人間だと思われそうですが、もう「社会のために」とかいいです。
どうか自分のために交通規則を守ってください。理由はどうであれ結果的に周りのためになります。

自転車でいうと

  • 制限速度を守る
  • 道路の左側を走る
  • 一時停止する
  • 歩道を走る際は車道側を徐行する

このあたりでしょうか。
取り締まられないし「急いでいるから」とか「ちょっとくらいいいや」という気持ちでやりがちなので気をつけたいところです。

自転車だけじゃありません。
自動車はスピードが出るので尚更、そして歩行者であるときにも気をつけたいところです。

特に歩行者に関しては法律的には守られますが、怪我をしやすい立場でもあります。

健康は何にも代えられない財産です。
「自分は歩行者だから大丈夫」などと思わず、

  • 飛び出さない
  • 信号無視をしない
  • 横断歩道のない道路を横切らない

など周りに気をつけながら歩きましょう。
と言っても一番危ないのはこのブログを見ていないであろう高齢者なんですけどね…。

まとめ

以上、イライラを吐き出す何でもいいから交通ルールを守ろうね、という雑記でした。

急がば回れではないですが、あとあと大きな面倒事を作らないために気をつけたいものです。