よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

セブンの宇治抹茶スイーツフェアより「ふわっとろ宇治抹茶わらび」と「宇治抹茶あずきロール」を食べてみた。

f:id:yoshimamo:20170308185544j:plain

寒い日もまだまだありましてダウンジャケットが手放せませんが、暦の上ではとっくに春でございます。

そんな春のお楽しみといえば、そう!

抹茶スイーツ!! 

お菓子やデザート、ドリンクなんかも期間限定の抹茶商品が販売されることが多いこの季節。

私、昔から抹茶…というよりは「抹茶味」が大好きなのです。
アイス屋さんに行ったらバニラやチョコレートよりもまず抹茶。
小さい頃はたまに祖母の買い物について行って、近所のお茶屋さんで抹茶ソフトクリームを食べさせてもらっていたものです。
高校時代にコンビニで抹茶シュークリームを買って店長らしき人に「渋いですね」と言われたのも良い思い出です。ほっとけ!

話は逸れましたがそんな抹茶スイーツの中で今季目に留まったのはこちらでした。

スイーツのクオリティに定評のあるセブンイレブンにて宇治抹茶スイーツが多数発売されているそうです。
ラインナップを見ても美味しそうな商品ばかりで「これは食べないわけにはいかない!」と思い、昨日さっそく店舗に行ってきました。

スポンサーリンク

?

セブンイレブンの宇治抹茶スイーツを食べてみたよ!

公式サイトに掲載されている商品は3月7日より順次発売とのこと。
7日に3店舗くらい行ってみましたが、陳列されていたのはどこも「宇治抹茶あずきロール」と「ふわっとろ宇治抹茶わらび」と「宇治抹茶と黒糖寒天の和ぱふぇ」だけでした。
他のスイーツは後日また探しに行くとして、今日はまず宇治抹茶あずきロールふわっとろ宇治抹茶わらびを食べた感想を書いていきたいと思います。(和パフェはお値段が高いのでパス。)

2016年3月14日 追記

あずきロールと抹茶わらび以外のスイーツは3月14日、3月21日と順次発売されるようです。
和パフェも私が見たものは違う商品だった模様です。失礼致しました。

宇治抹茶あずきロール 210円(税込)

f:id:yoshimamo:20170308165115j:plain

まずはロールケーキから。

宇治抹茶とあずきを組み合わせたロールケーキです。
こしあんと抹茶のホイップクリームを抹茶生地で巻き上げ、かのこ豆を盛り付けました。

公式サイトより

 かのこ豆とはなんぞや、と思って調べてみましたら「大粒あずきを甘く炊いたもの」だそうです。

▽原材料、栄養素は以下のとおり。
f:id:yoshimamo:20170308165111j:plain

さすがホイップクリーム、少なくないカロリーでございます(^^;
原材料名は一般的に最初に書かれているほど使用している量が多いと言われています。
こちらは抹茶が後ろの方に書かれているので、色のわりにはあまり入っていないのでしょうか。

袋を開けると濃い緑色のロールケーキがお目見え。
クリームが外袋に付かないようフィルムが乗っているのでぺろんと剥がします。

f:id:yoshimamo:20170308165112j:plain

大きさは横10㎝、高さ2~3㎝くらいでしょうか。
匂いはカステラのよう。
余談ですがこれを買ったらスプーンが付いていませんでした。
ロールケーキだから手づかみ?と思いましたがこれはさすがに無理だわw
出先で食べようと思って買うときには店員さんがスプーンを入れたかどうか確認しましょう(笑)

それにしてもスポンジの色がとにかくすごいですね。
写真は明るさ等を現物に近くなるよう補正していますので実際ほぼこの色です。
こんなに濃い色のスポンジは初めて見たかもしれません。
クリームから何から抹茶色なので楽しみです(*´▽`*)

f:id:yoshimamo:20170308165113j:plain
スポンジに沿って巻かれているこしあん。
あんこは苦手だけど少量なら大丈夫かな、と思って買ったのですが、これが吉と出るか凶と出るか…。

クリームだけどあっさり上品♪

f:id:yoshimamo:20170308165114j:plain

ひと口食べてみると、軽い口当たりであっさりしています。
うずまきは端からはがして食べていくタイプなので(笑)最初にスポンジ部分だけ食べたのですが、意外と抹茶の主張がありません。
それこそ「カステラになんとなく抹茶の苦みが香るかな~」程度。
しつこくなくてフワッとしているのでどんどん食べ進められます。

クリームはホイップのシュワシュワ感は強めですが、軽くて脂っこくなくて食べやすいです。
そして抹茶の味はこちらの方が強いですね。
なんというか、濃厚なわけではありませんが抹茶の上品さを微かに感じました。
でもやっぱりホイップクリームなので、おてんばな印象もあったり。
食べもので「おてんば」ってどんな印象なのか…なんとなくです、なんとなく。

かのこ豆は炊いた小豆ですが、食感が残っていてアクセントになっています。
味はひよこ豆を炊いたやつの甘さ控えめバージョン、みたいな感じです(伝わらない)

心配していたこしあんですが、スポンジとクリームと一緒に食べるとそんなに気になりませんでした。
むしろ入っていることによって深みを増させるような気がします。
舌ざわりは結構はっきりとわかるので、「私はつぶあん派だ!」という人はやめておいたほうがいいかも。
また抹茶の味があまり強くないため、抹茶味を楽しみたくて買った人は少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

全体的に後に残らない甘さで、クリーム系スイーツでありながらあっさりと食べられるロールケーキでした。

ふわっとろ宇治抹茶わらび 120円(税込)

続いて宇治抹茶わらびへ。
こちらは一時期話題になった気がする「ふわとろくりぃむ わらび」の抹茶バージョンです。

f:id:yoshimamo:20170308165110j:plain
大きさも価格もお手頃サイズなので食後のデザートにも良さそうですね(^^)

黒蜜ソースを入れた抹茶ホイップを、抹茶をまぶしたわらび餅で包みました。
抹茶の風味を存分に味わえる大福です。

「抹茶パウダー」ではなく「抹茶」をまぶしているというところに期待が高まります。

▽原材料名と栄養素についてはこちら。

f:id:yoshimamo:20170308165107j:plain

143kcalということで、一般的な大福と比べると同じくらいかやや高めのカロリーとなっています。

開封してみると、これまた濃~い緑色が出現!

f:id:yoshimamo:20170308165108j:plain
しばらく常温でほったらかしていたせいか抹茶が溶けてはがれてしまいました(>_<)
透明なわらび餅がチラリと見えてちょっと綺麗。

おそらく抹茶そのものがまぶされているだけあって、この時点で香りが良いです。抹茶そのもの。

抹茶粉強し!

実は「ふわとろくりぃむ わらび」を食べずに終わってしまった私。
ひと口食べて、そのやわらかさにビックリしました。

f:id:yoshimamo:20170308165109j:plain 

柔らかすぎて写真がブレてしまいました。すみませんm(__)m

感想としては

ふわふわ~~~

とろとろ~~~~

おいしい~~~~~!!

といった感じです。(雑)
わらび餅もクリームもやわらかすぎてむしろ噛み切りにくいくらいで、もにゅ~っと口の横から出ていってしまいそうです(笑)

抹茶味も濃くて良いですね。
まぶされた抹茶粉の苦みとわらび餅の甘さ、ぷるんとした食感は絶妙です。
もうこれだけで食べても良いかも…!

加えて中に入っている抹茶クリームと黒蜜ソース。

クリームは先ほど書いたようにとても柔らかく、ホイップのような軽さとカスタードのようななめらかさのある、個人的にとても好みのバランスの良い口当たりとなっています。
味も薄すぎずしつこすぎず。でも抹茶の苦みがきちんと感じられます。

黒蜜は、抹茶わらび餅とクリームの味をキュッと引き締めてコクを足してくれている感じがしました。
ただ抹茶味を楽しみたい自分としては、もう少し量が少なくても良かったかな?
ソースが偏っている部分は全部黒蜜の味になってしまい、そこだけ喜べませんでした(>_<)


抹茶の味が十分に感じられて、軽くて小ぶりではありますが満足感のあるスイーツでした。
美味しいけど抹茶粉がこぼれるので下にチラシか何かを敷いて食べることをオススメします(笑)

暫定1位は抹茶わらび。

セブンの宇治抹茶スイーツフェア、まずは2品を食べました。
超個人的なランキングを付けるとすれば、今のところ「ふわっとろ宇治抹茶わらび」が暫定トップです。
やはりあの食感と抹茶粉は強い。

本命は「とろ生食感ショコラ」なのですが、はたしてわらびを超えられるのか…!?