よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

平凡だけど特別な、ライブ終わりの「ひとり飯」。

f:id:yoshimamo:20170405161536j:plain

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

久しぶりの更新です!
マイペースに書いているものなのに、久しぶりとなると何故だか不安というか緊張するものがありますね。
書きたいと思うのに書きたくない、という矛盾した気持ちがあり予定より3日ほど長く更新が止まっていました。

「書かなきゃなー」なんてウダウダやっているうちに、でもこれって(Twitterでも呟いたので被ってしまいますが)「風邪でしばらく休んでいた学校に久しぶりに登校して教室のドアの前に立った時」の気分と似ているなと思いました。
一歩を踏み出すために気力がいるけど、そこを通り過ぎればいつも通りに戻るんですよね。
それに気づいたら気持ちが軽くなったので今日こうして記事を書きはじめています。
「いやだな~」と思うとやめたくなりますが、ちょっとだけ頑張ってみると楽しくなるものは多いのかもしれませんね。

Netflixお題「ひとり飯」

長い前置きがありましたがようやく本題!

今日はNetflixオリジナルドラマ「野武士のグルメ」特別お題キャンペーンのお題、「ひとり飯」について書いていきます。

野武士のグルメは原作をチラッと見たことがある程度ですが、「孤独のグルメ」のスタッフが作っているドラマなら間違いなく面白くてお腹がすく作品なんだろうなと思います(笑)
テレ東のグルメ系ドラマは気張らずに見られて好きです。
孤独のグルメとかワカコ酒とか。

ライブ終わりのコンビニ飯も悪くない。

「『ひとり飯』は、好き?」という文言があったのでそれに答えるならば、「大好き!」です。
家族と一緒に住んでいるのであまり機会はありませんが、出かけたらそのへんのお店にふら~っと入りますし、ふとしたときに一人で食べたくなることもあります。

そんな私の特別な「ひとり飯」はズバリ、ライブ・イベント終わりの夜食。

年に何度か好きなアーティストのライブや好きな声優さんのイベントに行くことがありまして、そのライブ・イベントのあとには大抵コンビニで夕食…というより夜食を買って食べます。

イベントが夕方か夜から始まることが多く、終演は9時、10時前になることもしばしば。
その時間では開いているお店といえばチェーン店か居酒屋くらいで、ひとりだと居酒屋も行きにくいのでコンビニで済ませちゃうんです。
(誰かと一緒なら居酒屋に行くこともありますが、疲れ切ってお店を探すのも面倒なのでやっぱり「コンビニでいいか~」となりますw)

「遠出した時くらいちょっと違うご飯食べたい」とも思います。
でも、そんな平凡なコンビニ飯でもホテルで食べるとなんだか特別に感じるんですよね。

ライブ終わりの余韻にひたひたに浸かったまま会場近かホテルの近くのコンビニに寄り、まばらに陳列されているお弁当を見て何食べようかなーと考える。

あっさりパスタサラダのときもあれば、ガッツリ丼ものを食べるときも。
他にはお茶と少しの甘いもの。スイーツかアイスかヨーグルト。
たまには缶チューハイも飲んじゃおうかな~なんて。
朝ごはん用におにぎりとカップ味噌汁も買います。
こういう時って判断能力が鈍ってるんですかね。
食べたいと思ったものをどんどんカゴに入れちゃって食べ過ぎてしまいますw

会計を済ませてお店を出て、静かになった通りをニヤニヤしながらホテルに帰る私は完全に不審者(笑)

ホテルに着いたらフロントでキーを受け取って、エレベーターに乗って、静かな廊下をてくてくてく。

部屋に着いたら鍵を開けて、コンビニ袋をテーブルに置いて、ベッドに荷物を置いて、やっとひと息ついたらご飯を食べます。
天井の隅の方を見ながらこれまたニヤニヤしてイベントを思い出しながら、SNSで感想を見ながら。

ちなみにある日のイベント終わりのご飯はこんな感じでした。

f:id:yoshimamo:20170406191902j:plain

普通ー!
からあげくんとか家の近所でも買えるのにw
でも嫌いじゃないんです。

ご飯というか、ご飯を食べている時間が特別なんでしょうね。
誰にも邪魔されず、ただただ静かに幸せな余韻に浸りながらのご飯は特別に美味しいです(*^^*)

しかしながら、しばらくこのひとり飯をしていないのでそろそろ予定がほしいところでございます…(笑)

 

Sponsored by Netflix