よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

バスが怖くなった結果、片道1時間までの自転車移動が朝飯前になった。

スポンサーリンク

f:id:yoshimamo:20190822191110j:plain

今週のお題「わたしと乗り物」

電車、車、自転車、飛行機…

乗り物は見るのも乗るのも好きです(飛行機は未体験)

先日も新幹線に乗って、いい大人が窓から見える景色にウキウキしながら目的地まで向かいました(笑)

乗る機会が多いのは自転車ですね。
運動したいけど買い物が多い日は、行きに遠回りをしてサイクリング。
カゴに荷物を山盛り乗せて帰りますw

そんな私ですが、唯一「バス」だけは苦手なんですよね(^^;)

バスに乗れなくなった18の夏

盗んだバイクで走り出しそうな見出し(笑)

昔は平気だったんですよ。
駅から学校まで遠かったのでバスで通っていましたし。

きっかけは高校を卒業して最初の梅雨のある日。
当時のバイト先へ向かっていたときでした。

バイト先は自宅から少し遠くていつも自転車で通っていたのですが、その日は雨が降っていたのでバスに乗ることにしたんです。

まぁ普通にバス停で待って、バスが来たら乗って。

やっぱり雨だからお客さんが多いから座れなくて、整理券を取って、乗車口の前あたりでボーっと立って乗っていたんですが。

途中で小学生か幼稚園児4~5人が乗ってきて、わらわらと私の後ろの方に立ってきまして。

子どもたちが全員乗ったあと、なぜか運転手さんに「前の方に行ってくださーい」と指名で促される私。

空いてるしどこに立っていてもよくない?
子どもたちこそ前の方に行かせてあげたらいいのでは?

内心「?」と思いながら、まぁまぁ車体の動かし具合が変わってくるのかなとか少し強引に納得して、言われたとおり前の方に移動しました。

「よっしゃ出発だー」と座席の端にある手すりにつかまり、ふと斜め下を見ると、60代くらいの女性が座っていて

ギロリ

と私を睨みつけてきたんです。

なんで!?
手すりつかまったらダメなの!?

今となっては「なんじゃこのババア」と跳ね返せるのですが、当時は中学時代に患った対人恐怖症の名残がありまして。
一気にぶり返し、豆腐メンタルは一瞬でグシャリ。

「さっきからなんか理不尽ー!」という不満も合わさって心臓がバクバクし、その日のバイト終わりはどしゃぶりの中を30分くらい歩いて帰りました。

以来、地元のバスには10年以上乗っていません。

もはやトラウマってやつですね。

ただ、都会に行って必要に駆られれば乗ることもあります。
都会って座れるときは座れますし、立つときは他のお客さんもたくさんいるので、座席のそばに立たれても文句言えないですよね。
それが解っているから、誰かと一緒であれば平気だったりします。

道さえあればチャリを漕ぐ、歩く。

じゃあ雨の日はどうするの?と思われることでしょう。

片道30分以内であれば、徒歩です。
意地でも徒歩です(大事なことなので以下略)

あと今は家族共用の車があるので、市外など遠出のときにはヒヤヒヤしながら運転します(半ペーパードライバー)

晴れやくもりの日は、冒頭にも書いたように自転車一択!

近所のスーパーから隣の隣の町までも。

これも自転車で2時間近くかけて行ったんですよ~。楽しかった!

自転車の通れる道と時間さえあれば、どこまでも走れます(`・ω・´)キリッ

怪我の功名?

自転車に乗る回数が増えたことで、結果として体力がついたり気分転換がうまくなったりと良いことも多くあったので、バスの件も無駄ではなかったのだなぁと今となっては思います。

「公共の場における私情100%の行動は慎みましょう」という教訓にもなりましたからね。
私は器が小さいので許しはしませんが(私情120%)

ただ「今後バスに乗るか?」と聞かれれば、やっぱり「極力乗らない」かなぁ。
怖いのもありますが、単純に自転車が好きなだけなんですよねw

60歳超えても元気に自転車で走りまくりたい!

といいながら、ここしばらく足が痛くて乗れていないこの頃です(^^;)