読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

全編アドリブの舞台イベント「AD-LIVE’15」が楽しみでしかたない。

娯楽 娯楽-舞台

f:id:yoshimamo:20150728132515j:plain

アドリブ(ad lib., ad lib, ad:lib)はラテン語の「ad libitum」の略であり、「自由に」を意味する音楽用語。即興演奏・インプロヴィゼーション。以下はこれに由来する。

  • 演劇、放送などで、出演者が台本にない無関係の台詞(せりふ)や演技を即興ではさむこと。また、その台詞など。

wikipediaより

この「アドリブ」だけで作る舞台「AD-LIVE」が今とても気になっています。

AD-LIVE’15に期待大!

AD-LIVE(アドリブ)は、全セリフがアドリブで構成される声優陣による舞台イベントです。

大まかなプロット(世界観・起こる出来事)は決められていますがそれ以外は演者が何を言っても何をしても自由です。

役も出演者それぞれで作り、共演者はお互いがどんな役なのかは分かりません。
舞台に上がって初めて知ります。

元々ウェブラジオ番組のオリジナルコンテンツとして2008年から始まった企画だそうで、3名の出演者から始まった舞台は2014年に「AD-LIVE」として会場やキャストの数を拡大し開催されました。

私はこの2014年の公演をDVDで見てアドリブ舞台に興味を持ちました。

「面白い!」と。

そのイベントが今年の秋にも開催されるそうなのですが、さらに公演数やキャスト数を増やしてパワーアップしているというんです。
これは見に行くしかない!と今から意気込んでおります。

開催概要

3会場で各2日間、昼夜2回の公演が行われます。

東京公演

9/12(土)

会場:パルテノン多摩 大ホール

出演:櫻井孝宏・津田健次郎

公演時間:昼 13時~14時30分
     夜 16時~17時30分

 

9/13(日)

会場:パルテノン多摩 大ホール

出演:小野賢章・釘宮理恵

公演時間:昼 13時~14時30分
     夜 16時~17時30分

埼玉公演

10/11(土)

会場:三郷市文化会館 大ホール

出演:梶裕貴・名塚佳織

公演時間:昼 14時30分~16時
     夜 17時30分~19時

 

10/12(日)

会場:三郷市文化会館 大ホール

出演:谷山紀章・岡本信彦

公演時間:昼 13時~14時30分
     夜 16時~17時30分

大阪公演

10/17(土)

会場:メルパルク大阪

出演:岩田光央・浪川大輔

公演時間:昼 13時~14時30分
     夜 16時~17時30分

 

10/18(日)

会場:メルパルク大阪

出演:福山潤・下野紘

公演時間:昼 13時~14時30分
     夜 16時~17時30分

 

出演者は上記に加え、AD-LIVE総合プロデューサーである鈴村健一さんが全公演に出演します。

総勢13名、全12公演のとても大きなイベントとなります。

プロデューサー鈴村さん、すごい。

声優のお仕事やりながら社長もやって、自転車で390㎞走ったりなんかして本当にアクティブな方です。
このイベントも、もちろん他のスタッフの方々も提案したり意見を出し合ったりと関わっていらっしゃるんでしょうが、よくやるなぁと思います。

ライブビューイングも開催。

ちなみにこちらの公演、残念ながら会場のチケットは既に完売しています。
じゃあ何で今頃記事を書いたのかと怒られそうですが、ご安心を。

なんと全国各地でのライブビューイングが決まっているそうです。
しかも12公演全部!

 

なお、開催劇場は以下より確認できます。

 

予測できないドキドキとワクワク!

ここからは昨年の公演を見た私の個人的に楽しみなところを書きたいと思います。


冒頭にも書きましたがこの舞台でのセリフは全編演者が考えるアドリブです。
企画自体は何度も行ってきましたが、内容は1公演ずつ違う、唯一無二のものなのです。

何が起こるか分からない。
演者同士も相手がどんな役で、何をしてくるのかわからない。

ちなみに昨年のAD-LIVEでの世界観は「世界最後の日の夜、それぞれ事故を起こした二人の男が山中の洋館で出会う…」というものでした。

殺人鬼や花火師、ニューハーフと外国人、宇宙人や落ち武者なんかもありましたねぇ。
もうどう相手していいのかわからない!(笑)

探り合いながらボケつつツッコミつつ、電話が鳴る・パソコンからニュースが流れる等の出来事は決まっているので話は進んでいきます。

小道具も豊富で、お茶やポットなど人が暮らしていれば置いてありそうなものもしっかり置かれていました。
お酒も本物だったので飲む人もちらほら…w

2014年を見た感じでは終わりまでの過程を楽しむ舞台かなと思いました。
あ、いえ舞台ってそういうものだと思うんですが、綺麗にオチるとは限らないんですよね。
最後に綺麗に決まればそれが良いんでしょうが、行き当たりばったりですから間延びしたりバタバタで終わることも考えられるのでそれが許せる人には是非オススメしたい舞台です。

 

アドリブバッグ

出演者は皆「アドリブバッグ」というものを肩からかけています。
中には一般から募集した様々なワードが書かれた紙が入っており、出演者の好きなタイミングで引くことができます。
それは物の名前だったり文章だったり、様々です。

ただし中身は見られないので何が出てくるかわかりません。
そして引いたワードは必ずセリフとして読まなければなりません。

たとえば「私が将来したい事は…」と言いながらアドリブバッグを引いたとします。
引いた紙に「そうだ、京都へ行こう」と書かれていても読み上げなければいけません。
その後の話のつなぎ方が声優さん方の腕の見せ所です!頑張れ!(笑)

これがAD-LIVEの楽しみなんですよ~。

どんな言葉を引くかは完全に運。
流れに合った言葉を引くか、全く落とせないワードを引くかで天国と地獄が決まるのです…ふふふ。

ある公演で「人に奉仕することを喜びとする便利屋の青年」がいました。
舞台も終わりに差し掛かり、夢を語りながらアドリブバッグを引く彼。
引き当てた言葉は「全ての人に感謝を」でした。

出演者

2014年では8名だった出演者が今年は13名に増えました。
前回までにも出演されている方も多いのですが、初参加の方が半分以上いらっしゃるんです。

釘宮理恵さん、名塚佳織さんといった女性メンバーが加わることでどうなっていくのかも見どころだと思います。
特に釘宮さんは同じく初参加の小野賢章さんとのコンビなのでどうなるのか全く予想ができません。
可愛いよね、くぎみー。

ただイベント発表会で行ったアドリブバッグを使ったトークではお二方とも引きが良かったので、そこは期待したいところです。

全く予想ができないという点では谷山さんと岡本さんのコンビも気になります。
芸歴、年齢とも離れており共演も少ない二人。
岡本さんはテンパってしまいそうだなぁ…良い方向に転がることを願います(笑)

安定を求めるなら櫻井さん・津田さんの公演でしょうか。
お二方とも頭の回転が速そうなのでなんだかんだうまくまとめてくれそうな気がします。

大阪公演の福山さんもそういうタイプですが、下野さんは勢いで行っちゃいそうなのでバランスが取れている感じがしますね。
下野さんは即興ソングがお得意らしいのでうまく流れが出来るといいな~。

この中から選ぶなんてできない…

こうなると全公演観たくなってくるんですが、ライビュ会場は近くても隣県なので交通費諸々のお財布事情により厳選しなければなりません。

サマージャンボ当たってくれないかな~
なんて他力本願な事を考えながら、ゆっくり決めていきたいです^^;

このイベントの出演者は皆声優の方ですが、声優さんのファンでなくても楽しめると思うんですよね。

私も他に本命(笑)がいるので今回の出演者は名前と声が分かる程度です。でも行きます。

ライブビューイングは近くて安いので気軽に行けますし、興味があったら是非観に行ってみてほしいなと思います(^^)