よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

他のカフェラテとどう違う?再販された「クラフトボス ラテ」を飲んでみた。

どうも、砂糖なしのカフェオレが好きなよしまです。

ふらりと立ち寄ったコンビニの店頭POPに「人気のあまり製造が追いつかなかったコレが再入荷!」と書かれていたのでつい買ってしまいました。

f:id:yoshimamo:20171011140235j:plain

BOSS  CRAFT BOSS COFFEE Latte

飲料メーカー「サントリー」のコーヒーブランド「BOSS」のカフェラテです。
500ml入りで1本150円(税込)。
発売するなり売れに売れて出荷中止となりましたが、再販が開始されたそうです。

…って、公式サイトを見たら発売が6月13日になっていました。
どんだけ前なの!?なんで今まで知らなかったの自分!?

「クラフトボス ラテ」が売れてるらしいので飲んでみた。

しかしデカデカとPOPが置かれていたことを考えると再販開始は最近だと思われます。

f:id:yoshimamo:20171011140316j:plain

本当に良い豆か。旨みを引き出しているか。ブレンドには最適か。
200を超える工程で職人の目が光る。手間を惜しまないBOSSのクラフトマンシップがつまったおいしさです。

パッケージの説明より

普段缶やチルドのコーヒーはあまり飲まないんですが、出荷が追いつかないほど人気だというんですから買うしかありません。

「やさしいコク」というのが良いですね。
ラテはミルクも大事ですがしっかりとコーヒーも味わいたいのです。

尚、100mlあたりのエネルギー量は30kcalとなっています。

コーヒー香る、甘さ控えめラテ。

キャップを開けて、カップに注いでみました。

f:id:yoshimamo:20171011140313j:plain

余談ですが、今までスマホで撮っていたブログの写真をひとつ前の記事からちょっと良いカメラで撮影するようになりました。
ものすごく良いです。背景がボケるだけでもう感動!(笑)

色はペットボトルの状態でもわかりますが、一般的な缶コーヒーと同じ感じです。
カフェラテと比べると濃いかな?
香りも素人には大差ない感じがします。

でもひと口飲んでみると、なんか違う。

すごくざっくりした感想ですけど(笑)

コーヒーの苦みはほとんどありませんが、香りやコクはきちんと感じられるんです。
パッケージに書かれている「まろやかなコク」とはこのことなのでしょうか。
とても飲みやすい!

甘さが控えめなので、そこもコクをより感じられる要因かもしれません。
原材料名の表示が「牛乳、砂糖、コーヒー」の順になっていた(一般的に先に書かれているものほど含有量が多い)ので紙パックの某カフェオレみたいな甘さを想像していたのですが、普段コーヒー牛乳に砂糖を入れない私でも美味しく飲める、ほどよい甘さです。

ちょっと薄い?

苦くなくて甘さ控えめで飲みやすいんですが、今までに飲んできたカフェラテと比べるとちょっと薄いかな?とも思います。

なんだろう、配合量が少ないとかそういうのじゃなくて、水で薄めたみたいなサラサラした薄さがあるんですよね。
表示は牛乳とコーヒー(と砂糖などの諸々)だけなのでもちろん水で薄めるなんていうことはないんですが。
カフェラテの定義は「ミルク+エスプレッソ」なので、その濃さを期待して買うと肩透かしをくらいそう。

逆にいうと飽きがこない、ゴクゴクと飲めるカフェラテとも言えます。
実際に自分は半日で1本飲んでしまいましたから(笑)

まとめ

以上、ボス「クラフトボス ラテ」の感想を書いてきました。
500mlペットボトルのカフェラテ(カフェオレ?)が甘すぎると感じる人には一度クラフトボスラテを飲んでみてほしいですね。
カラメルか何かの後味もなくてオススメ!

コスパ的には500mlで170円なので缶コーヒー2本半よりお得かと思います。
あっさりとしていて作業のお供にあると嬉しいカフェラテでした(^^)