よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

「ネット料金が安くなります」「今の回線が使えなくなります」の電話に要注意!光コラボの勧誘に引っかかりかけた話。

f:id:yoshimamo:20180110203423j:plain

「ネット料金が安くなります」
「回線を引き続きお使いいただくためのご案内です」

こんな電話がよくかかってきませんか?

このような電話は十中八九光コラボの勧誘です。

説明を聞いて「安くなるなら契約しよう!」と思われるかもしれませんが、一呼吸置いて、慎重に判断してください。
あとから後悔しないように。

光コラボレーションの勧誘電話に要注意!

先日我が家にも光コラボの勧誘電話がかかってきまして、危うく契約してしまいそうになったので注意喚起として今回メモしておこうと思います。

光コラボとは?

そもそも光コラボ(の事業者)って何なのでしょう?

てっとり早く言うと、「NTTから借りた回線を売っている、NTT以外の事業者」です。

私達が自宅のPC等でインターネットを使うために契約しているフレッツ光などは、NTT東日本・西日本と直接契約をしていると思います。

光コラボは各事業者がそのフレッツ光の回線の提供を受け、オリジナルのサービスや特典などを付けて私達に提供するサービスです。
回線の質はそのままに、月々のネット料金が安くなったり特典が受けられるなどのメリットがあると言われています。

auひかりやソフトバンク光など、「スマホとセットで安くなる!」みたいな宣伝を聞いたことはありませんか?あれです。(ざっくり)

回線そのままなら安いに越したことはありませんよね。
そう、それが大手会社なら良いんです。

でも冒頭に書いた勧誘の電話って、経験上よく知らない会社から掛かることがほとんどなんですよ。
NTTをはじめ、auひかりやソフトバンク光の代理店ってやつですね。
(代理店と言っても別事業者なので契約などにNTTは関与しません)
代理店は相当数ありますので、お客さんを他の代理店に取られないよう勧誘の電話を掛けたり、うまいこと言って一人でも多くから契約を取ろうとするんです。

同じ品質の回線を使ってはいるものの、NTT東日本・西日本ではないよく知らない事業者と契約することになる。
これって不安ではないですか?

しかもネットで調べてみると

  • 回線速度が遅くなった
  • キャッシュバックがない
  • アフターサービスが良くない

という評判もちらほら…。
悪質な業者では「契約後に料金が上がった」なんていう詐欺まがいの話もあるそうです。けしからん!

光コラボのすべてが悪いわけではありませんが、勧誘電話には注意して、契約するにしても慎重に行いましょう。

少なくとも一本の勧誘電話のみで判断してはいけません!

参考リンク:転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)│フレッツ光公式│NTT西日本

実例

我が家が危うく契約しそうになってしまった流れは以下の通りです。

プルルルル

親 「はい」

電話「○○(事業者名)ですが、フレッツ光を引き続きお使いいただくためのご案内でお電話しました」

以降、おそらく料金が安くなる等の説明を受ける親。

親 「(面倒臭い…テレビ見たい…)よしま、手続きやっといて」

私 「えっ( ̄□︎ ̄;)…お電話代わりました」

電話「それではお手続きをお願いしますー。
   まず、スマホかパソコンで「○○と検索してください」

私 「はいはい(スマホをポチポチ)」

電話「そうしたら「転用のお手続き」というところを開いていただきまして」

私 「(転用?フレッツ内の切り替えじゃないのか?)」

開いてみると光コラボについて書かれたページが表示される

私 「(あ、これアカンやつや)すみません、なんか通信が切れてしまって表示できないです」

電話「え、あー、じゃあ少しお時間を置いてもらって…」

私 「ちょっとこれから用事があるので、またあとで調べてこちらで手続きします」

電話「ええと、ちょっとややこしいので電話で説明しながらの方がわかりやすいかと…」

私 「ではこちらからあらためてお電話しましょうか?」

電話「あー…では、いつ頃でしたらご在宅でしょうか?□日×時頃はいかがですか?」

私 「大丈夫です」

電話「では、その時間帯にまたお電話します」

私 「はい」

ー通話終了ー

契約する気がないと気付いたのか忙しくて忘れているのか、その後電話がかかってくることはありませんでした。
(同じ事業者の違う担当さんからは何度もかかってくる)

親はネット関連に強く、過去に勧誘電話があっても断ってきた人なので、その親がOKを出したことで大分信用してしまいました。
親に関しては「毎度毎度うっとうしいから、契約して平穏な休日を過ごしたい」という考えだったのでしょう。
頼むからもっとよく考えて!(汗)

転用手続きを促されたらストップ!

今回契約前に気づいた要因は、転用手続きのページに案内されたことでした。

転用手続きをするということは、かなりざっくり言うと「フレッツ光を解約して勧誘してきた会社と契約する」ということです。

「フレッツ光を引き続きお使いいただくために」と言っているのに解約するの?おかしくない?という話です。
ついでに担当の人のしどろもどろな感じで怪しさ確定しましたが、上手な人に話されていたら手続きを進めてしまう人も少なくないだろうと感じました。

勧誘の電話が来ること自体怪しいのですが、さらにパソコンやスマホを操作し、転用手続きのページに案内された場合は要注意です。
というかほぼ100%クロです。一旦手続きを中止しましょう。

NTTが転用承諾番号を聞くことはありません。

転用ページの時点で気付かずに手続きを進めていくと「転用承諾番号」が発行されます。
これは本当に絶対に電話の相手に教えてはいけません。

教えてしまったらアウト。
契約先をフレッツから謎の事業者に変更されてしまいます。

公式でも注意喚起されていますが、NTTから転用のお願いをしたり転用承諾番号を聞くことはありません。

NTTを装った光コラボ事業者もいるようなので、言葉巧みに聞かれてもこれだけは絶対に教えないようにしましょう。

参考リンク:http://www.soumu.go.jp/main_content/000388714.pdf

個人情報も教えない

また、個人情報も極力教えてはいけません。
特に現在の請求先住所、NTT等のID・パスワードなどの登録情報はどれだけ言われてもダメ!
これらを教えると、先ほど書いた「転用承諾番号」を事業者側で発行できるようになってしまいますので、自分が知らない間に契約先を変えられてしまう可能性があります。

万が一怒鳴られたり脅されたりしても教えず、電話を切るか、録音して警察やNTTなどに相談してやりましょう(笑)

その場で契約を決めない

冒頭にも書きましたが、何にしてもその場で判断しないことが大切です。
自分で「ここなら大丈夫そう」と思っても、念のためインターネット等で調べてから判断しましょう。

検討してかけ直すと言って、会社名と電話番号、可能ならついでに担当者名も聞いておいても良いですね。
それを元に検索するもよし、実際に良さそうだと思ったら電話をかけて契約をしてもよし。

断り方に悩む…。

これは余談ですが、転用ページまできたらどう断ったらいいのか個人的に悩むところです。

自分は契約する気がないのでさっさと電話を切りたいのですが、どうも円満に断る方法が思いつかずダラダラとやりとりを続けてしまいます(~_~;)

パソコン操作前に気づいたのなら「その気はありません、結構です」で済むのですが…

そういえば、親は「NTTじゃないんですね。じゃあ結構です。」と言っていたような。
転用ページを見ればNTTから別の事業者に変わることはわかりますから、この断り方は使えそうです。

もしも契約してしまったら?

ここまで色々と書いてきましたが、この記事を読んでいる人の中には転用ページに気づかず手続きを進めて契約してしまった人もいらっしゃるかと思います。

契約直後に「やっぱりやめる!」と思ったのであれば、「転用承諾番号」を再発行してください。
業者に教えた番号が上書きされて無効になります。

NTT東日本・西日本のホームページか、フリーダイヤルから再発行することができます。
いろいろ相談ができそうなので、電話の方が早いかもしれませんね。

▽ホームページ
NTT東日本:https://flets.com/app4/input/index/(Step2にて)
NTT西日本:転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)│フレッツ光公式│NTT西日本

▽電話
NTT東日本:0120-140202
NTT西日本:0120-553-104

もし電話から日にちが経ってしまった場合も大丈夫。
契約書類を受け取って8日以内であれば「初期契約解除制度」が適用されるため契約をキャンセルすることができます。
「工事費や手数料などは支払わなくてはいけません」

とはいえ手続きについては個人ではなかなか難しかったり分かりにくいこともあるかと思いますので、最寄りの国民生活センター電気通信事業者協会(TCA)の相談窓口に相談されることをオススメします。

勧誘電話は止められないの?

頻繁にかかってくる勧誘電話は鬱陶しいですよね。
もはや契約する気も失せる、ただの迷惑電話です。

調べたところによると、勧誘がNTTの代理店からであれば「勧誘停止登録」をすることで電話が掛かってこなくなるそうです。
登録方法は下記番号に電話をして勧誘を停止してほしい旨を伝えるだけ。

NTT東日本:0120-849-994
NTT西日本:0120-019390

約1週間ほどで登録が完了し、迷惑電話がかかって来なくなるとのことです。
※auひかり、ソフトバンク光等NTT以外の代理店からの電話は停止されません。

すべてが悪ではないけれど

以上、光コラボの勧誘に引っかかりかけた話と引っかからないための注意点を書いてきました。
自分は大丈夫と思っていても油断せず気をつけてくださいね!

最後にしつこいくらい言います。

一本の電話だけで契約を決めるな!

今回のことを踏まえて、私自身も心に留めておきたいと思います。