よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

日比谷公園内「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」のおいなりセットで穏やかな東京ランチをいただく。

スポンサーリンク

夏ごろに東京グルメを散々更新しましたが、親戚の結婚式があり再び上京して参りました!

「せっかく東京来たんだから、遊ぶよね?(ニコニコ)」と家族に圧をかけ(笑)
今回もたくさん美味しいものを食べてきたのでご紹介していきたいと思います。

まず初日のランチは日比谷公園にある「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」でやさしいお味のおいなりさんをいただきました♪

「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」のおいなりランチがやさしい軽食だった。

旅行中のモットーは「なるべく全国展開していないお店で食べる」だったりします。

今回の「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」はSNSでフォロワーさんが紹介していて、その可愛さからぜひ行ってみたいと思ったお店でした。

帰って調べてみると福岡と京都にも店舗があるそうです。
全国展開やん( ̄▽ ̄;)

ま、まぁ、4店舗(2019年10月現在)しかない希少なお店なのでOKとしましょう!(笑)

店舗情報

住所:東京都千代田区日比谷公園1
電話:03-3591-1023
営業時間:火~金 11:00~17:00 、土・日 11:00~17:00
定休日:月曜日

日比谷”公園”といってもめちゃくちゃ広いんですね。
実際に歩いてみてびっくりしました(笑)

「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」は日比谷公園のへりといいますか、新橋方向の角っこにあります。

たとえば山手線沿いの駅からここだけを目指して歩くなら、公園内には入らず、外枠に沿って歩道を行った方がわかりやすいかもしれません。

お店の外観は撮り忘れましたが、ちょっと奥まっているので見逃さないようご注意ください。
日比谷図書文化館の向かいです。

ランチメニュー

f:id:yoshimamo:20191015174650j:plain

カモスのランチメニューは2種類。

  • おいなり2個or4個+ドリンク
  • いりこうどん+おいなり2個(+ドリンク)

この他単品でおいなりさんやいりこうどんも注文できます。

いりこうどんも美味しそうだけど…

この後カフェに行く予定があったので、今回は「旅するおいなりセット(2個)」を注文。

おいなりさんは

  • 基本のじてんしゃおいなり
  • しいたけ一味おいなり
  • りんご蜂蜜おいなり
  • 木耳柚子胡椒おいなり

この4種類から選べるようになっています。

丁寧に説明が書かれたメニューも置かれていますし、忙しくなければ店員さんが1つ1つどんな味か教えてくれますよ(^^)

セットにできるドリンクは5種類。

  • お著と珈琲
  • レモングラス緑茶
  • ほうじ茶
  • かぶせ茶
  • 至福の味噌汁

お著と珈琲が調べても出てこないのでご存知の方は何卒…!

かぶせ茶は日本茶の一種だそうです。

ランチドリンクとしてはなかなかないラインナップなので迷ってしまいました( ̄▽ ̄)

またカモスは店内に席がありますが、いりこうどん以外のメニューはテイクアウトが可能です。
公園内でゆったりお昼ごはんを食べたいときにも良いですね♪
 

おいなりセット 500円(税抜)

f:id:yoshimamo:20191015174654j:plain

※テイクアウトは8%、店内での食事は10%の消費税がかかります。

おいなりさんは「りんご蜂蜜おいなり」と「木耳柚子胡椒おいなり」。
ドリンクは「至福の味噌汁」をいただきました。

席は2階とテラスがちょこっとあって好きな方を選べます。
今回は解放感がほしかったので(?)テラス席で。

時刻は午後12時半。
いくつか置かれた小さなテーブルとイスにはおひとり様が3名ほどいらっしゃいました。

手前のフォークと比べてみるとわかるんですが、おいなりさんが可愛らしいサイズですよね。
ポケットwi-fiくらいかもしれない(笑)

反対にお味噌汁はそこそこの量があって、ヘルシーなバランスのランチセットとなっています。

ふた口サイズのさっぱりいなり。

まずは木耳柚子胡椒おいなりをいただきます。

f:id:yoshimamo:20191015174705j:plain

名前からして美味しいに決まっていますよね。

ひと口食べると油揚げとご飯の甘さが広がり、柚子の香りが鼻を抜けて、爽やか!

と同時に胡椒の辛い香りも感じられて食欲を促進してくれます。

辛いといってもピリピリする、とかではなく。
香りだけなので、辛い物が苦手な方でも美味しく食べられると思います。

木耳はやわらかめで、コリコリとしながらもご飯と馴染む食感でした(^^)

林檎&蜂蜜&いなり寿司は意外と合う!

木耳柚子胡椒おいなりを2口で食べたら、赤い包みを開いてりんご蜂蜜おいなりもいただきます。

f:id:yoshimamo:20191015174710j:plain

酢豚にパイナップルなどおかずにフルーツは入れたくない派の私でございます。

なのでこちらは少し怖いもの見たさで選んだおいなりさんなんですが…

おいしい。

りんごと蜂蜜、とても合います。

なんでだろう?

甘い油揚げとか、酢飯の甘さでしょうか?

とても自然です。

りんごは欠片みたいなサイズで混ぜ込まれています。

シャクシャクともぶよぶよともしていない、米粒と同じような食感で、これも自然な美味しさの一因なのかなと思ったり。

サッパリしていて食べやすく、こちらも2口で食べ終えてしまいましたw

落ち着く味、至福の味噌汁。

f:id:yoshimamo:20191015174700j:plain

たっぷり入ったお味噌汁はワカメ、ネギ、油揚げと具が豊富です。

ダシも効いていて、味噌は合わせか白かな?

我が家の味噌汁も白味噌を使っているので、なんだか家庭の味のようで落ち着きます(^^)

静かな場所で軽いランチを食べたい方に♪

全体の量は、空腹の状態で腹5分といったところでしょうか。
おいなり2個セットは軽食としてもピッタリだと思いました。

カモスのあとにカフェ(後日更新)へ行く予定があったのでこのくらいでちょうど良かったですが、ランチで満腹になりたい場合はおいなりさん4個セットか、いりこうどんとのセットがおすすめです。

自然に囲まれた日比谷公園内にある「KAMOS HIBIYA(カモス ヒビヤ)」。
都会での移動の休憩に、穏やかなランチタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか(^^)