読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

過去記事の修正をする上で参考になるブログ記事まとめ

ブログ

f:id:yoshimamo:20160902192104j:plain

どうも、よしまです。
しれっとブログのデザインを変えました。

当ブログの記事も400を超えまして、過去記事を修正していこうとぼちぼちキーボードを叩いたりマウスをクリックしたりしています。
修正した記事は新しい日付にしていますので、読者登録してくださっている方などは「なんか見たことある記事だなぁ」と思われたかもしれません。

面倒くさくて見て見ぬフリをしていたんですけどね。
いい加減やらないと今後が地獄になるのが目に見えるので(笑)
ついでに書く量が少ないので、暑くてブログ記事を書く気力が無くなっているこの頃の穴埋めにちょうどいいな~とか思って始めた部分もあります。ぐうたらですみません。

今日はそんな過去記事を修正するにあたって読みまくったブログ記事、勉強になったブログ記事を紹介していきたいと思います。

過去記事リライトの参考になるブログまとめ

過去記事を修正・リライトすると、主に検索流入の面でメリットがあると言われています。
文字数が増えることで情報量が増え、ブログの評価が上がる。
検索は新しい情報を求めるため日付が新しいブログがより評価される。
評価が上がれば検索上位に表示されるようになり、アクセスアップに繋がるそうです。

 

鈴木です。別館

 

はてな界隈では有名な方らしく(知らなくてすみません!)、アフィリエイトの本も出されているそうです。

ブログにある膨大な記事をすべて修正するのは大変。
こちらの記事ではグーグルアナリティクスを使ってリライトする記事を選ぶ方法が書かれています。
グーグルアナリティクスについて書かれているシリーズの1記事ですが、過去記事をリライトする上で参考になりました。

 

実際検索流入がアップした事例を見るとやる気が出ますね(笑)
リライトの成功例、失敗例も書かれていて意識するべき点を教わりました。

【2016年9月5日 追記】
鈴木さんから「現在使っていない方法なので紹介しないでください」とのコメントをいただきましたのでリンクを外しました。

ポジ熊の人生記

www.pojihiguma.com

影ながらいつも読ませてもらってます!笑

過去記事になにを追記しているかが簡潔に書かれています。
特にツイートを盛り込むという点は他では見ないポイントだったので覚えておきたいと思いました。
たしかに世間の声があると説得力も増すように思います。

とまじぃさんち

www.toma-g.net

検索上位に表示されているのにクリックされない…という記事の修正方法。
「タイトルと概要を修正する」というシンプルな方法で検索流入がアップするとはちょっと衝撃でした。

とはいえ適切なタイトルと概要を書くことが難しいんですけどね…( ̄▽ ̄;)センスが来い!
その辺のコツも書かれているので勉強させていただきます。

ねとたす

netotas.net

ツールを活用してのリライト方法が紹介されています。
中でも「キーワード抽出ツール」が便利そうなので、キーワードの入れ方が下手な自分は積極的に使っていこうと思います。

他にも「altタグに代替テキストを入れる」など、今すぐにでも出来るような修正の方法が書かれているのが嬉しいです。
修正しようと思っても「何をしたらいいの?」と立ち止まってしまうことがありますから、そんなときにこのような修正をすることでエンジンをかけられると、どんどん行動していこうという気になります。

今日はこれを証明しようと思う。

www.proof0309.com

ブログ運営の報告記事ですが、目次4の「私が行った、過去記事リライト3つの方法」内、「読まれていない記事は「noindex」」を参考にさせていただきました。
こちらも簡単にできることなのでやっていきたいですね。
質の低い記事が多いと、他が良くてもブログの評価は下がってしまうとのこと。
毎日更新を掲げていた頃に書いたやっつけ記事(笑)が残っているはずなので一度まとめてやっていきたいです。

千日のブログ

sennich.hatenablog.com

ブログについての記事をはじめ、日頃からこっそり拝読しておりますm(__)m

記事を公開してしばらくしたら後書きをつける、という発想にびっくり。
本文に書いた所感はあとから思い直すことも多いですが、本文を書き直すより追記した方がより細かな感想を伝えられる気がします。
この方法はぜひ真似させていただきたいです。

最後に

以上、過去記事を修正する上で勉強させていただいたブログを紹介しました。
きっと「過去記事の修正しなきゃ…」と思っている方の参考になると思います。

いろいろと読み漁っていますが、とにかく行動しなければ変わりません。
過去記事の修正はまだまだ始めたばかり。
少しずつでも取り入れて結果が出せたらいいですね(`・ω・´)