よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

”砂糖断ち”への道

はてなブログを巡っていたら、こんな記事に出会いました。

yoshiyama3.hatenablog.com

砂糖を断つ…だと…!?

ありえない!!

チョコレートやクッキーが大好きな私には考えられません。
グリコのカフェオレ500ml紙パックを余裕で飲み切ってしまえる甘党です。

砂糖の摂り過ぎはよくないと分かってはいるものの、やめられないとまらない。


 

砂糖断ちを目指して・・・

しかしそんな私も、体験談の説得力に押されて「砂糖を断とう」という気持ちになりました。

友人の話で感じた危機感

f:id:yoshimamo:20150420185119j:plain

というのも、砂糖断ち記事を読んである日の友人の話を思い出したのです。

「健康診断でコレステロールが基準値を超えててさー。このままだと糖尿病になるって言われちゃった。」

彼女は生クリームもあんこもどんと来いの甘党で、毎日500ml近い量のジュースとスナック菓子を1袋食べていたそうです。

話を聞いた当時はまだ二十歳前後でした。
二十歳前後で高コレステロール。

これは他人事ではない。
友人ほどではないにせよ、私も毎日なにかしらのお菓子をつまんでいる。

話と同時にこの危機感も思い出し、今回気をつけてみようと思い立ちました。
友人の場合はスナック菓子の脂肪分も多かったのでしょうが、私は明らかに甘味の摂取が多いのでそこを減らすことにします。

ちなみに友人は健康診断以降、お菓子の量を減らしてコレステロール値は正常まで戻したそうな。

スポンサーリンク

こんな効果があるらしい

甘いものを断つと

  • 気持ちが穏やかになる
  • やる気・集中力が高まる
  • 肌がきれいになる
  • 月経痛が軽くなる
  • 冷え性が改善される
  • やせる

などの良い変化が得られるそうです。
※個人差があります

冷えは万病の元。
白砂糖は身体を冷やす作用があるので、断つことで様々な悩みが改善されるのも納得です。

さらに、カロリー摂取量が減って自然と痩せる。

おやつ代が浮く。

ひとつの我慢でこれだけのメリットがある健康法、これは試すしかないですね。
個人的に得たい効果はやる気と集中力。

ブログにとりかかるまでの時間と書いている時間を短縮したいです( ̄▽ ̄;)

砂糖断ちスケジュール

とはいえ家族と一緒に住んでいると、食事まで変えるのは面倒や費用がかかります。
煮物も砂糖を使っていますからね。
食べる頻度が少ないのでそこは良しとして、自分で自由にできる間食で砂糖を摂らないようにしようと考えています。
砂糖の摂取を習慣化させないことが大事。

しかし一気に砂糖を禁止するとストレスでリバウンドを起こしてしまう可能性があるので注意。
最初の1週間は2日に1回、次の2週間は3日に1回からスタートして、週1回を1ヶ月、2週に1回を1ヶ月・・・と徐々に感覚をあけていきます。
2週に1度くらいまで来ると甘いものへの興味が薄れて、食べたいと思わなくなるかもしれません。

お腹が空いたら野菜・果物・ナッツといった砂糖が入っていないものを食べます。
アーモンド美味しい。
これからは暑くなるので、水分が補給できるキュウリとかどうでしょう。


実際には延々続けていくのは難しいでしょう。
女性は特に、スイーツのために行列に並ぶほどですから。

いつまで続くかわかりませんが、とりあえず6月にライブ遠征予定があるので健康管理のためにそれまで続けるつもりで、1ヶ月ほど経ったら報告記事を書きたいと思います。