よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

バレンタインに聴きたいスキマスイッチの恋愛ソング5選

本日1月28日はスキマスイッチのミュージッククリップ集第2弾である「別冊スキマスイッチ part2」の発売日です。


皆さん購入はお済みですか?
この作品とても面白いんですよ~。
まだの方はCD・DVDショップへGO!

とまぁ茶番ステマは置いといて。

「別冊スキマスイッチpart2」とは、先ほども書いた通りスキマスイッチのミュージックビデオ(MV)をまとめて収録したDVDまたはBlu-rayです。
2005年にDVDで「別冊スキマスイッチ」の第一弾が発売されました。
私がどっぷりとスキマスイッチにハマったきっかけの一つであるディスクです。

今回はpart2ということで、劇場版ドラえもんの主題歌であった「ボクノート」から最新シングル「星のうつわ」までのミュージックビデオ(MV)が収録されています。
加えて各MVのメイキング映像と、MVを見ながらスキマスイッチのお二人が解説をする副音声も収録されています。
音楽番組ではあまり機会がないのですが、スキマスイッチは楽曲はもちろん、トークにも定評があります(笑)
ライブはホームな空間なのでそれが顕著ですね。
副音声にはそんな二人のおしゃべりが入っているので、シングルを買っていてMVを持っているという方にも見ていただきたい作品となっています。

こんなに別冊スキマスイッチを勧めている私は誰なんでしょう。
なんてことない、ただのファンです。

そこで今日は別冊スキマスイッチの感想を書こうと思ったんですが、

 

実はまだ買っていません。

 

えーーー!!あれだけ宣伝しておいて!!

本当申し訳ないです。制作元に謝りたいです。
いつも映像作品をを買っているお店のポイントがもう少ししたら加算されるので、それで買うつもりなんです。
勉強があるので、今買っていたとしてもどのみちまだ見られないんですね…。

ということで記事のテーマを変えました。ここまで書いておいて。

スキマスイッチのラブソング厳選5曲

f:id:yoshimamo:20150130175923j:plain

もうすぐ2月。逃げるの2月。
節分が終わればあっという間に世の中はバレンタイン一色です。
片思いでも両想いでも、チョコレートを作ったり買ったりしてプレゼントする2月14日。
スキマスイッチは応援歌や壮大な愛などの曲を歌うイメージがありますが、恋愛の曲もたくさん作っているんですよ。
今日はその中から厳選して、バレンタインに合うような甘いラブソングを5つご紹介します。
毎度のことながら音楽の専門的知識のない人間の感想となります。ご了承くださいませ。

冬の口笛

2004年発売シングル。
タイトルからして「冬といえばこれ!」という1曲です。
季節的にもこの曲が一番合うんじゃないかと思います。

”降り積もる奇跡”拾い集めて こぼれないように持っていこう
これからも二人でずっと…

この歌詞が好きですね。
歌詞全体からは彼女を幸せにしていこう、一緒に幸せになろう、という優しい気持ちが伺えます。
バレンタインなのでチョコレートと合わせるなら、チョコレートボンボンが良さそうです。
完全にCDジャケットの茶色からのイメージではないか…(笑)

パラボラヴァ


2014年発売シングル。ヨコハマタイヤのCM曲にもなりました。
インタビューでもよく話されていましたが、”ど”が付くほどストレートな恋愛ソングです。
CMにも合うようなスピード感があり、「彼女一直線!」という勢いと愛が見える曲です。
勢いはあるけど熱血系とはまた違いますね。
炎じゃなくてハートマークがバックに飛んでる気がします。
こちらには見た目が可愛いチョコクランチや、ホワイトチョコ・ストロベリーチョコを使った甘めのお菓子が似合うのではないでしょうか。

双星プロローグ

4枚目のアルバム「ナユタとフカシギ」に収録。
スキマスイッチ二人の出会いを歌詞にした曲です。
最初は興味なんてなかったのに、いつのまにか盛り上がって惹かれていってついには一緒になる…と、男女の出会いの曲にも捉えられます。
むしろ最初聴いたときは恋愛曲として作られたんだと思っていました。
多分表向きは恋愛曲として作られたんでしょうが。
テンポが良くてキーも高い軽めのメロディなので、チョコクッキーやフィナンシェなどのチョコレート菓子など手軽に食べられるものが合いそうです。

君曜日

シングル「アカツキの詩」に収録。
君曜日はアカツキの詩より前に発表されていた「えんぴつケシゴム」「青春騎士」と繋がっている「ケシゴム三部作」の1曲です。
彼女が遊びに来る日曜日の主人公の歌で、主人公の弾んだ心と部屋の準備が出来ていないドタバタ感を感じられるギターのリズムが楽しい1曲となっています。
この彼女というのが「えんぴつケシゴム」の回想で隣の席にいつも座っていたケシゴムを貸してくれた女の子であり、「青春騎士」で見守っていたいと主人公が思っていた女の子であります。
主人公は結構ヘタレというかドジッ子というか、歌い方も相まって母性本能をくすぐるような男の子ですね。
この曲に合いそうなチョコレートは色とりどりのチロルチョコレート。
これだけ商品名ですが(笑)、安く買えて青春のお供でしたので。

月見ヶ丘

3枚目のアルバム「夕風ブレンド」収録曲。
普段はサンダルにジーパンで冴えない「僕」だけど、「君」と一緒にいると毎日幸せなんだよ、君のことが大好きなんだよ、と歌っている曲です。
コーラスに小田和正さんが参加されていて、こっそり豪華な1曲です。
こちらはチョコレートケーキのようなフワフワとした甘いお菓子が似合うかと思います。
山口銘菓「月でひろった卵」なんかも真ん丸で合いそうです(宣伝

 

選曲してみて気付いたんですが、真っ直ぐな恋愛ソングというのは意外に少ないですね。
そういえばパラボラヴァについてのインタビューでも言ってた気がします。
悶々と考えてる主人公だったり偏った愛情を注いでいたり、片思いか失恋の歌であったり。
バレンタインという括りにしたので重くならずに甘い曲というのは難しかったのですが、スキマスイッチの曲を振り返る良い機会になりました。

 

スキマスイッチ関連記事