よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

【シーン別】友人や恋人にプレゼントしたいスキマスイッチ曲。

f:id:yoshimamo:20190412195332j:plain

2019年5月30日

「音楽をプレゼントしたいな」と思うことはありませんか?

記念日やお祝いに、

友達が悩んでいる、

恋人に「好き」を伝えたい、

等々…

また「あの人になにか贈りものをしたいけど、コレ!というものが見つからない」というときにも、音楽のプレゼントはおすすめです。

ということで、今回は8つのシーンに合わせた16+1曲の贈りたいスキマスイッチの楽曲をご紹介していきたいと思います。

 

シーン別、プレゼントしたいスキマスイッチの楽曲

尚、スキマスイッチファン歴13年目の私が独断と偏見で選んでいます。
異論は認める(キリッ

が、考察だ音楽性がどうだといった頭を使うことは一切書いておりませんので、ファンの方は何卒ご了承ください。

良い曲を「これ良いよ!」と言うだけの記事です(笑)

誕生日や記念日、結婚・出産祝いに

誕生日などのおめでたいときにはとにかく明るい曲、幸せな曲ですよね!

ということで

  • 未来花
  • パラボラヴァ

はいかがでしょう?

「明るい曲を」と言いながら、早速バラードな「未来花」を挙げてしまいました(笑)

でも「名前を呼ぶ」というテーマで作られた、歌詞もメロディもとても優しくて涙が出る1曲です。

自分と相手の関係とも取れますし、贈る相手がカップルや家族であれば、その方達の関係に重ねて贈っても良いでしょう。

私自身、行きつけのお店のオーナーさんへの出産祝いで贈ろうかと思案中です。
CDは気持ち的に重いので、1曲だけポッと渡したいんですよね~。

ちなみに未来花は「for Annivarsary」というバージョンもありますので、お好みで。


「パラボラヴァ」は正真正銘明るい、幸せな曲です。

ぴょんぴょんとスキップするようなアレンジと超ラブソングな歌詞なので、結婚のお祝いに特にピッタリ♪

個人的に将来、結婚式で絶対かけようと思っている曲です(予定はない)

そしてラブソングですが、お母さんから赤ちゃんへ贈っても良いと思います。
つまり出産祝いですね。



落ち込んでいる人に

ケンカしてしまった…

仕事でミスしちゃった…

などヘコむこと・悲しいことがあった友人に贈るなら

  • 全力少年
  • ムーンライトで行こう
  • ためいき

この3曲です。

「全力少年」は有名なので、ここでの説明は割愛させていただきます。

落ち込みたてのときって励まされても「うるさいなぁ」と思ってしまうことってありませんか?
ほっといてよ!って。私だけ?w

そんなときは、俗にいう応援ソングより、「まぁゆるっとやっていこうや」くらいのまったりした曲が良いなぁと思うんです。

「ムーンライトで行こう」はまさにそんな1曲。
仕事で上手くいかなくて、ムーンライトながら号でちょっと旅に出る主人公の話です。
すぐ帰りますけど(笑)

歌詞が韻を踏んでいたり、なにも考えなくても聴き心地が良いのでおすすめです。



「ためいき」は、ごく平凡なサラリーマンの、深夜のお話。

みんな楽しそうに飲んでいるけど、
僕は明日の資料を作らなくちゃいけないけど、
それでも今の生活は嫌いじゃないよ。

っていう(ざっくり)

あと「ため息つくと幸せが逃げちゃうよ~?(ニヤニヤ)」と、こっそり励ますメッセージも込められたりもしますw

 

失恋した友達に

恋愛関係で落ち込んでいる人には

  • メロドラマ
  • 僕の話

の2曲でしょうか。

「メロドラマ」は失恋ソングですが曲調が少し明るいので、相手の様子を見て贈るかどうか決めていただけたらと思います。
どん底に落ちている人には「今それどころじゃない…」と返されかねないので(苦笑)
吹っ切りたい、と思っている人向けかな。

メロディ・アレンジ的には良くて、1・2を争う好きな曲なんですけどね(個人の意見)



「僕の話」も、部屋に残された「僕」が黄昏る話。
勝手に「こんにゃろー!」と叫びながら泣きそうになっているイメージを持っています(笑)

音がゆったりとしているので、落ち込んでいる人にはこちらの方が良いかもしれません。

プロトタイプとアルバム収録バージョンの2種類があり、イメージとしてはプロトタイプはフラれたてでボーっと気が抜けた感じ、アルバムバージョンは区切りをつける手前の感じになっています。
こちらも個人の感覚ですが。

 

毎日に疲れている人に

毎日お仕事や勉強に疲れた人に贈るなら

  • life×life×life
  • リアライズ

この2曲。
あと先ほどご紹介した「ムーンライトで行こう」も良いですね。

「life×life×life」はカントリー調で、音だけでいうと鈍行列車に乗って旅をしている気分になります。

歌詞も日常のふとした風景を切り取ったような部分もあり、共感するとともに「のんびり頑張るか。」という気持ちにさせてくれるので、お疲れの方の横でそっとかけてあげると良いかと思います。



「リアライズ」は夢を追うことに疲れた人に、夢をあきらめて毎日を過ごす人に、等々…

「まだまだお前はこれからだ」と、励ましたいときに贈りたい曲です。

落ち込んでいる人向けでもいいかもしれませんね。



旅立つ人に

卒業する友達、
遠距離になる家族や恋人に贈りたいのは

  • 奏(かなで)
  • スカーレット

です。

「奏(かなで)」はお馴染みかと思うので説明しません(笑)
するだけ野暮です。

まさに、大切な人を送り出す曲ですよね。

切ない恋愛ソングに分類されますが、友達や家族にも当てはまるのではないでしょうか。



「スカーレット」も、旅立つ主人公の心情を描いた曲となっています。
旅立つ側の曲ですが、「頑張ってこいよ!」と見送る側からエールとして贈るのが良いんじゃないかなと。

スキマスイッチのお二人も音楽をやるために地元を離れて上京しているので、贈る相手に響くような、より気持ちが届くような1曲だと思います。



背中を押したい相手に

これから頑張る人、逆に一歩踏み出せない人には

  • スフィアの羽根
  • SL9

がおすすめです。

「スフィアの羽根」は、実際に私が背中を押してもらった曲なので挙げました。

高校野球のテーマソングだったこともあり、優勝を目指して頑張る姿を応援するような、ベストを尽くせと言ってくれるような曲です。

でも音も詞も全然暑苦しくなくて、爽やか。
本当に「ポンッ」と背中を押してくれます。



「SL9」は励ますというより主人公に共感して、つられて一歩踏み出そうと思えるような楽曲です。

アレンジや歌声はスフィアの羽根よりもっと激しいんですが、押しつけがましくないのでプレゼントでもOKです。

ライブCDを聴くとさらに迫力がすごくて「おぉぉ…!!」と興奮してより一層勇気を持ってもらえるのではないかと思います。



ケンカをしてしまった相手に

喧嘩をしてしまって「ごめん」と言いたいけど素直になれない。

そんなときは「飲みに来ないか」をそっと贈りましょうw

会社では嫌われがちな「飲みニケーション」ですが、仲直りには謝って、飲んでチャラにしてしまうのもひとつの手なのではないかと思います。



大好きな恋人に

ずっと一緒にいたい!と思うくらい好きな恋人に想いを伝えるなら

  • 願い言
  • 1+1
  • 1017小節のラブソング

この3曲ですね。

また、どれもプロポーズ曲といって良いので歌唱力に自信がある方はカラオケで歌うのもおすすめです。

「願い言」は

君がそばにいてくれさえすれば
ただそれだけでいいんだよ

って、もうドストレートですから。

好きな人にカラオケで歌われたら抱きついてしまうかもしれません。
あいにくそんな相手はおりませんが(遠い目)



「1+1」はピアノと声だけでゆったりした音で、これから一緒に歩んでいこう、という優しい曲となっています。

たとえば新婚ほやほやの方は、パートナーさんにプレゼントしてみてはいかがでしょうか(^^)



「1017小節のラブソング」は実際に結婚されるご友人に向けて書かれた曲だそうで、こちらも恋人へのプレゼントとしておすすめです。

ピアノの音と歌声が優しくて、そっと相手の肩に寄りかかってみたくなるかもしれません。
すみません、経験がないものであくまで想像ですw



おまけ:話が長い人の横で…

自分の話ばかりする人にウンザリしたら電話やメールの着信音を「君の話」にして、さりげなく流しましょう。

注意点としては、直接この曲をプレゼントしないこと。
あからさますぎて相手を不快にさせてしまいます。

もうひとつは、曲の最後まで流さないこと。
「君の話だと思ったら僕の話に聞き飽きていた」というオチなので、最後まで流すと「私の話は大丈夫」と思われてしまいます(笑)

悩んだらスキマノハナタバを買おう(宣伝)

以上、シーン別・プレゼントしたいスキマスイッチ曲をご紹介してきました。
長々とお付き合いくださりありがとうございます(笑)

ちょこっと贈りものをしたいな、というときは音楽をプレゼントしてもいいんじゃないかな~と思います(*´ω`*)

ちなみにスキマスイッチのお二人が選んだ「記念日に贈りたい曲」を集めた「スキマノハナタバ」というアルバムも発売されています。

今回の記事でご紹介したもの以外にもたくさん良い曲がありますので、悩んだらぜひこちらをプレゼントされてはいかがでしょうか(宣伝)