よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

ウエストゴムのねじれはこうして直す!

f:id:yoshimamo:20150215164643j:plain

最終更新日:2018年11月2日

ウエストがゴムになっているパンツやスカートって楽ちんですよね。

多少腹回りが大きくなっても小さくなっても対応してくれるし、ご飯をお腹いっぱい食べても苦しくならない!

チャック開けて穿いて閉めてベルト付けて…という手間もかからない!

スウェットとか大好きです。

でも、穿いているうちに中に入っているゴムがねじれてしまうのが難点で…。

簡単に直す方法はないものか探っていった結果、ひとつの方法を見つけたので今回ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

 

ねじれたウエストゴムの直し方

まず結論を言っちゃいます。

色々なサイトをまわって調べてみましたが、結局コツコツとねじれを直していくほかないようです。
作業は単純なんですけどね。

「も~イライラしちゃう!」という方は誰か気の長い人にお願いするか、心を無にして作業することをオススメします^^;

私も先日、タンスから引っ張り出してきたスカートのウエストゴムがねじれにねじれていて困りました。
しばらく穿いてなかったのでへそ曲げちゃったみたいです。

ウエストゴムのねじれを直すコツ

問題のご機嫌ななめなスカート。
こちらを使ってねじれの直し方をご説明します。

f:id:yoshimamo:20150215151236j:plain

こちらゴム幅は2~3㎝くらいで、一ヵ所だけゴムがスカート生地に縫い付けられています。
ウエストが見切れていますが右の方でもうひとねじれしているひねくれ者です(笑)

この困ったちゃんを直していくのですが、まずは親指と人差し指または中指(もしくは両方)でゴムのねじれた部分を挟みます。

このときねじれて裏側になっている「本来は表となる面」を、表に向けさせるようにして挟んでください。

f:id:yoshimamo:20150215151243j:plain

こんな感じです。といっても分かりにくいなぁ…。
またねじれたら写真を撮り直して差し替えます。
ゴムの向きを優先して挟むので生地が歪みますが問題ありません。

次に親指を上へ、人差し指を下へ擦り合わせるように動かします。
ねじれの下側が表になる場合は親指を下、人差し指を上方向に動かしましょう。

f:id:yoshimamo:20150215151253j:plain

キュッとね。これでその部分のねじれがなくなります。
指の側面を使うと楽ですよ!

この動作を位置をずらしながらちまちまと繰り返していくと、いつの間にか全体のねじれが解消されています。

うーん、説明が難しい。
言い回しが下手で申し訳ありません。

分からない部分がありましたらお気軽にご質問ください。

ねじれを直したらひと工夫

f:id:yoshimamo:20150215165414j:plain

以上、ウエストゴムのねじれを直す方法をご紹介してきました。

とはいえ一生懸命直しても、ウエストゴムはそのうち何度でもねじれてしまいます。

それを防止するために、裏からゴムの数か所を生地に縫いつけてしまいましょう。
ゴムが伸びたときにすぐ外せるよう手縫いをオススメします。

表の生地まで縫うと糸が見えてしまうので、そこだけご注意を!