よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

【はてなお題】手帳の選び方・使い方。年末にはアルバムができあがります。

f:id:yoshimamo:20180922163550j:plain

今週のお題「わたしの手帳術」

なんだかんだ久しぶりのはてなお題。

そろそろ10月始まりの手帳が揃う時期ということで、手帳の使い方がテーマです。

私的手帳の選び方・使い方。

スマホでスケジュール管理ができるようにはなったものの、パッと開いて1ヶ月、1週間の予定が確認できるのは手帳の良いところだと思います。

私の手帳は主に

  • 出かける予定
  • 発売日
  • テレビ・ラジオの放送日
  • 旅行のレシート

これらを書きこんでいます。
(レシートについては後述します)

といっても予定は覚えているので見返すことはほとんどありません。
予定なんて数えるほどしかありませんから(笑)

手帳は日付や時間を忘れたときの保険みたいなものですね。

スマホには近々のテレビ放送予定や、やらなきゃいけないことを登録し、リマインダーとして使っています。

残り物には福がある?

あまり使わない、持ち運ばないもので、手帳を選ぶ際にデザインはあまり気にしません。
さすがに子供っぽいものは選びませんが(^^;)

4年くらい前までは吟味してオシャレ可愛いものを選んでいたんですが、今はとにかく安さ重視

シーズンが終わる2~4月にふら~っと売り場に行き、割引されているものの中から使いやすそうなものを選んでいます。

中身の条件としては

  • そこそこ色がある
  • 毎月の記入スペースがある

この二点。

枠が赤だとかグリーンだとか、やっぱり色がついていると見やすいんですよね。
半額で買えたら万々歳!

ただ、割引される頃には本当に種類が少なくなります。
「好みの可愛い手帳・使いやすい手帳がほしい!」という人は早めに買っておいた方が賢明です。

今年の手帳を買いに行ったときだったか、前年(2017年)の手帳が9割引きで売られていたのにはびっくりしましたね。

あれを買う人はなにに使うのか、未だに考えてしまいます…。
曜日を消せば使える…かな?

アルバム代わりにレシートを貼る。

スケジュールを書きこむほか、手帳に旅行やイベントに行ったときのレシートを貼って、アルバム代わりにもしています。

これは「どこにどういう順番で行ったかすぐ忘れてしまう」という人にオススメ!

旅行でお店に行った・買い物をした順番にレシートや施設の入場券を重ねて留め、記入スペースに貼りつけます。

その横に旅行先やイベント名、会場名、天気、一緒に行った人などをメモしておくと尚良し。
あとで忘れてしまっても、手帳を見返すことでいろいろと思い出せるんです。

私はライブやイベントによく行くので、1年が終わる頃には手帳がパンパンになってしまいますが(笑)

それくらいたくさん楽しい時間を過ごしたんだなぁ、と実感できるのでパンパンの手帳が好きです。

でも今年は記入スペースがないものを買ってしまって、手帳後ろのメモスペースに乱雑に貼るしかなくて少し後悔しています。

来年の手帳はこの点を妥協せずに選ぶぞ!

好きな手帳3選。

ネコの写真入り手帳

手帳に写真が入っていれば、可愛い猫ちゃんを持ち歩いていつでも愛でることができます。

特にイラストではなく、写真。
個人的には成猫で雑種、自然体を撮影したものだとベストですね!

メーカーは気にせずその年に気に入ったものを候補に入れます。
今年は上記のフェリシモ猫部が好みでした。

とはいえ割引される頃にはなくなっているため、最近はなかなか買えていませんが…。

2015年あたりに発売された野良猫ばかりの手帳がとても良かったので復活しないかと密かに願っています。

ペイジェム リュミエール

ペイジェムは種類が多く評判も良いシリーズかと思います。

中でもリュミエールはコンパクトで、とにかくデザインがシンプル可愛い!

毎月、月間ページの後ろに記入スペースもあります。

価格も700円台とお手頃なのでしばらく続けて買っていました。

とりあえずコレを選んでおけば失敗はしません。

ピーナッツ

2018年はスヌーピーでおなじみピーナッツの手帳を使っていました。

キャラクターものですが、絵柄自体がシンプルなので大人が持っていても似合います。

私は安さ重視でサンリオのものを選びましたが、デザイン面から見るとシンプルで可愛いデルフィーノのものがオススメです。

まとめ

以上、私的手帳の選び方と使い方を書いてきました。

2019年、皆さまはどんな手帳を選ばれるのでしょうか?

私の戦いはまだまだ先。
今は高みの見物を…というほど偉くはないので(笑)、商戦から外れてのんびり眺めていようと思います。