よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

上品な甘さともっちり食感が美味!セブンイレブン「宇治抹茶のもっちりくずねり」をいただきます。

セブンイレブンで「まっちゃもこ」が復活していると聞いて店舗へ向かったところ、こちらの新商品を発見!

f:id:yoshimamo:20170817191323j:plain

宇治抹茶のもっちりくずねり 税込120円

「新しい抹茶スイーツだ!」と、まっちゃもこを置いてこちらを買ってきてしまいました( ̄▽ ̄;)

くずねりとは「くず粉を水でねって砂糖を加え、煮固めたもの。」だそうです。
くずきり、くずもちの兄弟みたいなもんってことですよね(ざっくり)

セブンイレブン「宇治抹茶のもっちりくずねり」を食べてみた。

▽原材料名と栄養表示はこちら。 

f:id:yoshimamo:20170817191319j:plain

和スイーツだけどクリームも入っているんですね!

抹茶が意外と後半に書かれているので濃さがどれくらいなのか気になるところです。

そしてなんといっても1個あたり89kcalというエネルギー量!
ダイエット中でもちょこっと食べられそうです。

ただし大きさを考えると決して低カロリーではありません。
くれぐれも1個で留めましょう(笑)

もっちり食感と上品な苦み…!

f:id:yoshimamo:20170817191313j:plain

開封してみるとシンプルな緑色が登場。

パッケージから固めのプリンみたいなものを想像していたんですが、「ぷるるん♪」と効果音がつきそうなやわらかさです。

ゼリーとお餅の中間のような…これがくずねりか〜。

ケースが2重になっているのも納得です。

f:id:yoshimamo:20170817191309j:plain

底の方には黒蜜が入っています。

食べた感想としましては、クリーム系のスイーツが多い中で新しい味わいでした。

まずくずねり部分は弾力がありもっちもっちとした食感。

噛んでも溶けずにバラバラと口の中を転がって抹茶の風味をまき散らしていきます(笑)

なのに飲みこむとあっさり去っていき、あとに残るは苦味のみ。

この後味は抹茶好きには嬉しいですね~。
クリームの余韻も良いけど、こちらは違うベクトルの美味しさがあります

抹茶の濃さは「濃厚!」というより「上品な味わい」といった感じでしょうか。
飽きが来ないような濃さです。

黒蜜の部分は全体の1~2割ほどで、こっそりいます~くらいの存在感があります。
くずれやすい寒天のようになっていて舌ざわりがちょっと面白いですね。

味も薄めなので、黒蜜独特の風味が少なく万人が食べやすいかと思います。
逆に黒蜜好きはもの足りないかな?

抹茶の味を黒蜜で侵食されたくないと思っているので(笑)、個人的にはちょうどいい比率でした。

まとめ

以上、「宇治抹茶のもっちりくずねり」はもちもち食感で小さいながら満足感のある和スイーツでした。
そしてとても好きな味でした。

前も書いたかもしれませんがやっぱりセブンの抹茶はスイーツの中でもクオリティが高いですね。

特に今回のくずねりは上品な美味しさなので、パッケージが気にならなければ帰省なんかの際に手土産で持っていきたいと思いました。

すごいなぁ、コンビニ。