よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

冷えた体をすぐに温める方法。

今日は朝から強い北風が吹いています。

「こんな日にはこたつから出ないでのんびりするぞ~」

と思った矢先のことでした。
買い物に出た親が干していったベランダの洗濯物が、物干し竿から外れて地面にポトリ。

しかも二回。

見て見ぬふりをするわけにもいかずベランダに出ましたよ。そしたらね、

寒い!!!

雪の予報が出てるくらい寒い屋外は10秒いるだけで体が冷えきってしまいました(((-_-;)))

すぐに体が温まる方法

室内に戻ってもさむいさむいさむい…すぐに温まりたい…
冷えきった体はこたつに入ってもすぐには温かくなれないんですねぇ。
あと外出先だとこたつさえない!
何かいい方法はないかとグーグル先生に尋ねてみました。

エネルギーを消費すれば体は温まる

f:id:yoshimamo:20141206164314j:plain

私のようにこたつに頼ってゴロゴロしているだけじゃダメでした。当たり前?
人の体はエネルギーを消費するときに熱を発生させるので、温まろうと思ったら体力を使う事をすればいいらしいです。

エネルギー消費すると脂肪も燃やせるから一石二鳥ですね!

体を動かす

体力を使うといえば「運動」でしょ!
今回はすぐに体が温まることを求めているので、一気に多くのエネルギーを消費できるものが望ましいです。

それなら、短距離走はどうでしょう。

体育の授業で100mを全力疾走したら体が熱くなりませんでした?
それだけエネルギー使ってるってことです。
十数秒であったまります。

オススメはその場ダッシュ!

短距離走するようなスペースなんてないわ!という方、ご安心ください。
その場で全力ダッシュ(高速足踏み?笑)するだけでも十分です。
実際やってみましたが、これも十数秒行うと体がポカポカしてきました。
腕も大きく振ってなるべくエネルギー使うように。
室内外で出来て道具も広い場所もいらないので便利ですが、集合住宅の室内で行う場合は足音にだけお気を付け下さい^^;

食事をする

ダイエットの本やネット記事には、ご飯を1日3食きっちり食べるよう書いてあるものが多いと思います。
これは、胃に入った食べ物を消化するためにエネルギー(カロリー)を消費するからなんです。
食べるものはもちろん温かいものの方が良いですが、パンとかご飯でも大丈夫です。
アイスなどの冷たいものはやめときましょう。寒いんだから食べる気も起こらないと思いますが…

オススメはココア

体を温めるといえば生姜のイメージが強いですが、私はココアを推します。
外出先でもコンビニや自動販売機ですぐ買うことができて温かさも持続するので、パンなどと一緒に摂ると良いでしょう。
生姜ももちろん温まるので、家などではココアに少しの生姜とはちみつや黒砂糖を加えて作る「生姜ココア」がオススメです。

ホッカイロ

冬の定番ホッカイロ。
こちらもどこでも購入できるのが魅力的ですね。

貼る位置で効果倍増

ホッカイロは貼るタイプを選び、ツボがあるところに貼ることで広い範囲を温めることができます。
上半身を温めたい場合は肩甲骨の間や首の付け根あたりの出っ張った骨の辺りにペタリ。
下半身を温める場合はお尻のすぐ上の真ん中にペタリ。と貼ってみましょう。

まとめ

 以上、3種類の方法を挙げてみました。

どれも試しましたが、即効性という点でいうと
運動>食事>ホッカイロ
という順番で効きます。

持続力はこの反対になると感じました。
時と場合に合った寒さ対策を行いましょう!