よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

しろくまカフェin高田馬場で、ゆったりのんびりしてきました。

東京ごはん3記事目です。

2日目は昼抜きで夜は池袋のラーメンでした。
空腹のあまり写真を撮り忘れたので記事にできそうになかったんですが、美味しかったです!

そして旅行最終日である3日目。
時間ギリギリにホテルをチェックアウトして向かったのはこちら。

しろくまカフェ in TAKADANOBABA

しろくまカフェ?しろくま?と思われるかもしれません。

簡単に説明すると、ヒガアロハ先生の漫画が原作のアニメ「しろくまカフェ」の世界観を再現したカフェです。

作品の世界では動物が人と同じように暮らしています。
主な舞台はシロクマさんが営むカフェ。
常連さんであるパンダくんやペンギンさんなどの動物はもちろん、人も普通に寛ぎに来てワイワイほっこりするお話となっています。

登場動物は可愛いですがデフォルメされていない、アニメにしてはリアルなデザインです。
それがお話のシュールさを引き立てつつ、ギャグになり過ぎないようバランスも取られています。

それで、その世界観をイメージして作られた実際のカフェが「しろくまカフェinTAKADANOBABA」というわけです。 

私はキャスト目当てでこのアニメを見始めたのですがそんなこと関係なくすっかりハマってしまい、このカフェにも行きたくてたまりませんでした。

実はカフェに行くのはこれで2回目です。
前回行ったのはもう2年も前になります。
東京ってあまり来られないので、来たら絶対行きたいんですよね。

店舗情報

しろくまカフェ in TAKADANOBABA

住所  :東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場1F
電話  :03-3204-7818
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:00)

山手線または西武新宿線「高田馬場」駅下車後、早稲田口に出ます。
出て左斜め前の道をひたすら真っ直ぐ行くと、左手に「しろくまカフェ」と書かれた看板とお店が見えます。
徒歩10分くらいでしょうか。
看板も入口も控えめなので通り過ぎないよう注意が必要です。

リアル「しろくまカフェ」でゆっくりのんびり♪

お店に到着したのが午前11時過ぎ。
外にはランチなどの宣伝が書かれた看板が置かれています。

※お客さんが多かったので店内の写真は撮ってません。

中に入ると左手に一人用のカウンター席とアニメグッズのカプセルトイ、
右手にはグッズコーナーと奥にレジがあります。

先に席を取ってからレジに並び食事を注文するシステムになっています。

平日だから空いてるかと思っていたんですが意外と混んでおり、席は2,3席しか空いておらず、レジ前には6~7人並んでいました。
店員さん忙しそう…!

おそらくというかほぼ確実に、アニメのキャストだった方の出演するイベントがあった影響でしょう。
半分以上の方がグッズ持ってたもん。
私もその一人だけど。

ちなみに前回は日曜の12時頃行って席選び放題でした。
サービス料がかかることと、イベントの公演時間が近かったから少なかったんだと思います。

ラッキーな事に二人掛けテーブルが一つ空いていたのでそちらを取りレジへ。

レジの隣にはカウンターがあり、パンダくんとペンギンさん(のぬいぐるみ)が座っていました。
ちゃんとカップも置いてあって、本当にしろくまカフェにいるみたい(^^)

その上にはキャストやアニメ監督等のサインが入ったグッズTシャツが飾られていたりもします。

いちいち感動している間にレジは自分の番に。

メニューはキャラクターをテーマにしたメニューがたくさんあります。

ここで一例をご紹介します。

  • シロクマくんのよくばりプレート
  • ペンギンさんのミックスフライ
  • 笹子さんの選べるパスタ
  • グリズリーカツサンド
  • パンダくんの笹パフェ
  • ラママンゴーパフェ
  • トラヤのあんみつ
  • ペンギンさんティラミス
  • シロクマカプチーノ
  • いつものやつ(カフェモカ)
  • パンダくんの抹茶ラテ

他にも各キャラクターをイメージしたドリンクや、これらオリジナルメニュー以外の軽食・飲み物も食べられます。

しかし、オリジナルメニューを注文すると1品につき1枚のコースター(全6種、サイコロを振ってデザインを決める。)がもらえるので普通の軽食を頼む方はいませんでしたね。
オリジナルメニュー+普通のドリンクのセットもありました。

この記事を書いている9月現在はパンダくんフェア開催中で、ヘルシーなランチプレートや抹茶カフェオレといった限定メニューが食べられます。

ランチタイムだったのでよくばりプレートやミックスフライなどのご飯ものにはスープも付きました。

私はグリズリーカツサンド(800円)とラママンゴーパフェ(780円)を注文。

カツサンドは時間が掛かると言われたのでパフェを先に受け取って席へ戻ります。

パフェはあとにすればよかったなぁ。

デザートは後がいい!という人はご飯を先に頼んで、食べ終わってからもう一度レジへ並ばれることをオススメします。
食べ終わって気付きました^^;

▽こちらがラママンゴーパフェ。

f:id:yoshimamo:20150911212535j:plain
マンゴーとラズベリーが二つとソフトクリーム、上にはマンゴーソースがかかっています。
下はほぼコーンフレークで、底にはさらにマンゴーソース。

何故ラマさんでマンゴーなのかというと、完全に語呂の良さですね。
ラマンゴー。笑

ラママンボも完全にダジャレ。

ちなみに私はラマさんが一番好き。

パフェの味は普通に美味しいです。
マンゴーって何にしても美味しいな~。

パフェに780円って…と思われるかもしれませんが、その辺のゼリーで嵩を増やしてるものより断然こっちの方がいいですね。
コーンフレーク好きだし。

食べ終わっても時間があったので周りをじっくり観察。

照明は全体的にオレンジで暖かい雰囲気です。
店内は今までリリースされてきたサントラやOP/ED曲、キャラクターソングなどがBGMとして流れており、2,3ヶ所あるテレビではアニメ本編がずっと流れています。

お店の真ん中には紙ナプキンやお水が置かれており自由に使えます。

私が座った席の真ん前の壁にはキャストの方々やヒガアロハ先生、アニメ監督のサインも。
撮影禁止マークがついていたので写真は撮れませんでしたが、声優さん方のサインをこうして一堂に見る機会ってそうそうないんじゃないかと思います。
そういう点でもここは貴重な場所だなぁ。

シロクマさんとラマさんのパネルも展示してありました。
これは以前なかったので、不定期に変わるのかもしれません。

客層は9割女性。
イベント後ということもあり20代~30代の方が多い印象でした。
中には40代後半くらいのおじさまもいらっしゃったんですが、寝てたので多分一般的なカフェとして訪れたんだと思います(笑)

そんなことを考えながら、20分ほどしてグリズリーカツサンドが到着。

f:id:yoshimamo:20150911212515j:plain

偶然にも、もらったコースターのデザインもグリズリーさんでしたw
もう一枚はナマケモノさんでしたよ~。

大きさは縦20㎝くらいありそうですね。
グリズリーさんは茶色いクマさんなのでパンも茶色です。

個人的にはポテトが多いのが嬉しいかな。

▽何のためらいもなくナイフを入れる。

f:id:yoshimamo:20150911212525j:plain

味は、まぁ普通に美味しかったです。

パンが昔給食で出た黒コッペパンみたいな味がして、あまり食べない味なので面白かったですね。
ソースたっぷりなので口の中がモソモソせずに食べられました。


料理が来るまでの時間もあって、滞在時間は約1時間。
返却口にお皿を戻して店を出ようとしたのが午後1時前で、その頃にはレジどころか席待ちの方が数名並んでいました。

こんなに多いとは予想外。
今度は早めに行こうと思います。

アニメをモチーフにしたカフェですが、店内は混んでなければのんびりゆっくり過ごせる居心地のいいカフェです。

店員さんの仕事も丁寧。
隣テーブルの方のご飯をチラ見したんですが、キャラクターの形をしたご飯は忙しくても綺麗に形作られていました。
某所のサ〇マルクとは大違いだ。

そしてずっと笑顔。
安心しますね。

作品を知らない方でも一般的なカフェとして利用できそうなお店でした(^^)

次はペンギンさんモチーフのメニューを食べてみたいです!