読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

その人のこと、本当にうらやましい?

こころ

f:id:yoshimamo:20160413184516j:plain

先日、親戚と会う機会がありました。
しばらく話していたんですが、別れた後に親戚がすごく羨ましいと思えてきて。

普段は何とも思ってないのに、たまにありません?
無性に周りが羨ましくなるとき。

「その人の全てを羨ましいと思いなさい」

私もそんな時期らしく、しばらく羨ましがっていました。

実家暮らしで生活費要らず、母子手当と元旦那からの養育費もらって、友達もたくさんいてあちこち遊びに行って…って、挙げたら延々続きそうなくらい「いいな~いいな~」と思ったりして。

でも今朝、ふと祖母のこんな言葉を思い出しましたことで考え直しました。

「羨むならその人のすべてを羨ましいと思いなさい」

良いところだけ見て羨ましいのは当たり前だと。
性格や環境、経験してきたことも全て羨ましいと思いなさいと。

自分は、親戚のことを全てひっくるめて本当に羨ましいのだろうか。

その人の人生まるっと引き受けたいか。

答えは「NO」でした。

たしかに不自由なく暮らせるところは羨ましくあります。
でも大変なこともたくさんありました。
聞くところによると親戚は親から過度な躾を受けたり、離婚調停で苦労したりしていました。
また性格上、将来について考えることをしません。今出来るだけする、あるだけ使う。今を生きるのは大事だとは思うけど。

客観的に見て、自分にはそういう人生はきっと耐えられないだろうと思いました。
旦那を説得するとか裁判所に何度も出向くとか無理。

将来にまったく備えないとか不安で仕方ない。

そのことに気づいた瞬間、羨ましさはスッと消えていきました。

「苦労は乗り越えられる人の元に訪れる」

「羨ましい」という気持ちは目標や憧れになる必要な感情です。
しかし、劣等感や嫉妬などに変わることも少なくありません。

けれど本当に羨ましいと思う相手は案外少ないのかもしれません。

親戚を羨ましく思うように、自分の事を羨ましく思う人もいるかもしれません。
自分は環境的には恵まれています。働かずに暮らせていいねなんて思われるかもしれない。
けれど人間関係は散々でした。いじめやパワハラ、家庭環境に問題があった時期もあります。
人間関係って生きる上で大事ですよ。
それが欠落してるって、どうよ。
自分のままで良いです、ってならない?なんて。

計り知れない苦労をし、苦悩を経験した人は周りの人になりたいかもしれません。
そういう人にこういうことを言うのは酷でしょう。すみません。

でも、「苦労は乗り越えられる人のところにしか訪れない」というセリフを何度か聞いたことがあります。
スピリチュアル的なことですが、あながち間違っていないのではないのかなと。

形が違うだけで誰も楽しいことはあるし、苦労もある。

人気やお金のある有名人も引き換えに技術やプライベートを切り売りしてる。

それを自分が背負いたいかと思うと、本当に羨ましいか考えてしまいます。

なんだかんだ自分が一番しっくりくるもんだ、
そんな風に少し前向きになれた気がする雨の日でした。