よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

スキマスイッチのライブ定番曲5選!

最終更新日:2016年5月17日

スキマスイッチは現在絶賛ライブツアー中です。
そこで今日は、彼らのライブで盛り上がる定番の曲を5つご紹介したいと思います。

あ、決して他の曲が盛り上がらないわけではないですよ!?
聴かせる曲がたくさんある中で、客席と一体となって盛り上がる曲を選んでみました。

フェス等でも歌われることの多い曲です。
ツアー以外にも今後初めてスキマのライブを見る方は、知っているとより楽しめますよ!

スキマスイッチのライブで盛り上がる曲5選!

全力少年

スキマといえばこの曲!という全力少年はもちろんライブでも盛り上がります。
イントロが始まった瞬間の歓声。
気持ちが高まりますね~。
そしてイントロの前にはコール&レスポンスがあり、ボーカル大橋さんの歌うメロディをレスポンスします。
バンドメンバーの皆さんと鍵盤常田さんが音程を手で表してくれるのですが…
除々に難しくなっていき、後半はグダグダになるという(笑)
あまりに歌えなかったせいか最近ではそれほど難しいものは少なくなり、ロングトーンに代わりました。
これはこれで何拍伸ばすんだ、というくらい伸ばすので肺活量が必要です(笑)
ヒーヒー笑いながら声を出す会場の一体感は、その場にいるから感じられる楽しさだと思いますね。

サビは両手を挙げて手拍子!
そしてたいていマイクを客席に向けるので、歌います。
簡単に歌えないメロディにしようと作った曲を歌える客席よ。

ユリーカ

TVアニメ「宇宙兄弟」のオープニングテーマでした。
知っている方も多いのではないでしょうか。
イントロからテンションが上がり、最初から手拍子が早めです。
そしてサビでは全力少年同様、手を挙げて叩きましょう。

ライブによっては大サビ前の早口な部分の長さ・アレンジ・歌詞が変わることも。
歌のメッセージがより強く伝わってきます。

ガラナ

ここ数年でのライブ版ガラナがかっこいいな、と思う今日この頃。
出だしがギター一本から始まり、引っ張って引っ張って……ドーン!とバンド演奏が始まるアレンジが最高に熱いです。
客席側の熱も溜めて溜めて溜めて爆発させてくれます。

サビ前、「要は有言実行~」の辺りは手拍子のリズムが変わります。
・タタ・タン、・タタ・タン、といった具合に。
…うーん、音楽の知識を増やしたいですね。説明下手か!
すみません。
サビではもちろん両手を挙げて手拍子!

ふれて未来を

こちらは昔からライブの定番と言える曲だったと思います。
スピードで煽って盛り上がるというよりは、テンポに乗って皆で跳ねる感じが楽しいですね。
スキマスイッチらしいなと思います。
サビでは「ゆれていたいよ」「ふれてみたいよ」「笑いあっていたいよ」「話していたいよ」といった部分を客席が歌います。
本当に楽しい。

ふれて未来をといえば、有名なのが倍速手拍子。
イントロからずっと「タン・タン・タン」というカスタネットを叩くようなリズムなのですが、サビ前「上にあるのはいつもの空だけ~」から倍の早さになります。
「タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ」と、しかも両手を上にあげて手拍子をします。
筋力が試される瞬間です。
普段あまり腕の筋肉を使っていないと次の日に筋肉痛になるのでご注意ください!(笑)

Ah Yeah!!

昨年発売された曲ですが、早速その年の夏フェスからライブを盛り上げる大きな1曲になっています。
スキマスイッチ楽曲の中でも一二を争うアップテンポの曲。
エレキギターのイントロから始まってMVのようにジェットコースターで昇っていくAメロ・頂上に近づくBメロ。
そしてサビで急降下!!
私はジェットコースターが苦手ですが、ジェットコースター好きな人の気分ってこういうものなのかな、と感じます。
ライブではサビ始めの「Ah Yeah!!」でタオルを上に投げましょう。
投げたタオルをキャッチする自信がない方は投げるフリでも大丈夫!w

最後に

以上、スキマスイッチのライブで盛り上がる曲5選でした。

ライブで歌う曲はツアーごと、フェスごとで変わってくるため今回紹介した曲を歌わないこともありますことをご了承いただければと思います。
だからスキマのライブは面白いんですけどね。定番曲と毎年変わる曲とのバランスが絶妙!