よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

可愛い&コスパ良し!Tribitのワイヤレスヘッドホン「XFree move」を使ってみた感想。

f:id:yoshimamo:20171108180102j:plain

Tribit」というオーディオブランドのワイヤレスヘッドホンをいただきましたので、今日はそちらの使用レビューを書いていきたいと思います。

実は人生初めてのワイヤレスヘッドホンなのですが、もっと早く使っていればよかった!

無線ってこんなに楽なのかと感動しました。

  • お手軽なワイヤレスヘッドホンを探している
  • 可愛いヘッドホンがほしい

そんな人は是非この記事を読んでいってください♪

ピンクが可愛いBluetoothヘッドホン!「Tribit XFree move」使用レビュー

まず「Tribit」はオーディオグッズを取り扱うメーカーで、商品はAmazonショップ「TribitDirect」にて購入することができます。

サンプルが届いたら早速開封して中身をチェック!

f:id:yoshimamo:20171108180059j:plain

ヘッドホン本体と、謎の箱が入っています。

f:id:yoshimamo:20171108180049j:plain

謎の箱の中身は付属品。
説明書、充電用USBケーブル、有線で聴くための音声コードの3点が入っています。
ワイヤレスヘッドホンって有線も出来るんですね~。

尚、充電用のUSBケーブルにはアダプタが付いていません。PCに繋げるか別途アダプタを用意しましょう。
私はウォークマンのアダプタに繋げて充電してますw

説明書には製品仕様、使い方、ヘルプ、等がシンプルに分かりやすく書かれていますので、まず使い方に困ることはないかと。
購入の場合は18か月間の品質保証もあるとのことで、安心して使っていけますね(^^)

外観

ヘッドホン本体を見て思ったのが、まずデザインが可愛い!

先ほどの箱に入った本体の写真でお分かりいただけると思いますが、可愛らしいピンク色なんですよ。

▽外側

f:id:yoshimamo:20171108180054j:plain

▽内側の耳にあたる部分はホワイトカラー。ピンクと相性抜群です!

f:id:yoshimamo:20171108180119j:plain

右の外側にボタンが3つ。

  • MFBボタン(▶||)
  • ボリュームボタン(+と-)

この3つで全ての操作を行うことができます。

表面はプラスチックとラバーの中間?のような素材でマットっぽくて、「オシャレ」とか「綺麗」というより「可愛い」質感ですね。

いやー、これ可愛い(2回目)

ポップなファッションをしている10代くらいの女の子に着けてほしいな~。ボカロっぽくて絶対可愛い。
髪型はボブか、今の季節ならウェーブがかったロングヘアで!(ピンポイント)

使い方

TribitのヘッドホンはBluetooth4.1が使える機器に対応しています。
iPhoneやスマートフォンでしたら確実に使えるでしょう。

使い方は、機器のBluetoothをオンにして、ヘッドホンのMFBボタンを3秒押すとペアリングできます。
音が鳴ってLEDライトが光ったら、ペアリング完了のサイン。
機器でアプリを開くなどして曲を聴くことができます。

今回はiPhoneとペアリングしてみました。

f:id:yoshimamo:20171108182716p:plain

赤い波線が今回繋いだヘッドホンのBluetoothの名前です。

ペアリングにかかる時間はヘッドホンの電源を入れて1~2秒。めっちゃ早いです。待つストレスなど皆無!
ワイヤレスヘッドホンはどれも早いのかな?だとしたら技術の進歩ってすごいですね。

電池のもちについては連続使用で14時間となっています。

今のところ1日30分〜1時間使っても1週間以上使えているので、充電頻度はかなり少なくて済みそうです。

使用感

もうね、ワイヤレスすごい(語彙力)
冒頭でも書きましたがコードがないだけでこんなに楽だなんて。

有線が当たり前だった私は思ってもいませんでした。

作業中にコードを引っ掛けることもないし、機器を置いたまま家事などで家中をウロウロしながら使うことができるんですよ。

ヘッドホンと機器の距離は10mまで離せるそうなので実際試してみまして、ベランダに出て窓を閉めると一瞬だけ接続が不安定になりますがそれ以外は綺麗に聴こえました。
これなら洗濯物を干しながらでも使えるということですよね。

リアルタイムでラジオを聴きたい、でも忙しい!という時にもってこいです。

と、ここまではワイヤレスヘッドホン全般に対する感想でして。

Tribit「XFree move」に関しては、装着してみるとヘッドバンドのカーブが強いのかしっかりと頭(耳?)を挟んで耳を覆ってくれて安心感があります。

耳にあたる部分はイヤパッドと言うんでしょうか?
こちらは弾力が強くてしっかりしています。密度が高い感じ。

CV6.0ノイズキャンセリング技術も使われており、トータルで遮音性が高く集中して音楽を聴くことができます。
作業中など話しかけられたくないときに着けておくと良い感じに遮音してくれますよ( ̄▽ ̄)

操作ボタンも3つしかないので、長押しやダブルクリックなどを覚えればとても簡単で使いやすいです。

そして音楽を聴く上で大事な音質。

こちらは特に不満もなく…というか満足できる音質でした。

そりゃ高価な製品と比べたら敵いません。
でも、特別なこだわりがない人間が音楽を聴くには十分に高音質です。

手持ちの有線ヘッドホンと比べるとそれぞれの音が綺麗に聞こえて、全体的にハッキリとした音になっているように感じます。

特にベースやバスドラムなどの低音が良い!
耳にズンズンと響いて、ロックとかアップテンポな曲はガンガンのれそうです。

iPhoneに入れてないんで今は聴けないんですが、これでスキマスイッチの「蝶々ノコナ」を聴きたいですね。ベースがかっこいい曲なんです。

ジャズとかも深みが出て雰囲気が増すかも。

最少ボリュームでも少し大きいかも。

気になる点…というか個人的に使いづらいかな?と思ったことなんですが、ボリュームを最小にしても音が少し大きいんですよね。

私は普段iPhoneのボリュームを2~3、ウォークマンだと4~5で音楽を聴くんですが、このヘッドホンでは最小でiPhoneの4くらいあるんじゃないかと。
普段ボリュームを小さくして聴いている人は、耳の位置をずらすなど工夫が要りそうだなと思いました。

有線での使用

f:id:yoshimamo:20171108180043j:plain

せっかく音声コードが入っているので有線でも使ってみました。
ヘッドホン下の穴と機器のイヤホンジャックにコードを差して使います。

有線にすると、音質はワイヤレスのときよりもマイルドになるといいますか。
高温と低音の響きの差が少ないように感じました。

相変わらず音は綺麗です。

最少ボリュームが小さめになるので、静かな場所では有線での使用が無難かな~と思います。

部屋でじっとして聴くときは有線、あちこち動き回るときはワイヤレスで使っていきたいですね。

まとめ

以上、Tribitのワイヤレスヘッドホンを使ってみた感想を書いてきました。

デザイン的にも音質的にも不足なし。正直にオススメできるヘッドホンです。

カラーバリエーションはピンクの他にブラック・ミントグリーンとありますので、「ピンクは可愛すぎる…」という人はミントグリーンを、「むしろ可愛さはいらない!」という人はブラックを選ばれると良いかと思います。

可愛いヘッドホンやリーズナブルでそこそこ高音質のヘッドホンをお探しの方、ワイヤレスヘッドホンを始めて使う方の入門編として、ぜひチェックしてみてください(^^)