よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

高評価カメラアプリ「StageCameraHD」を使ってみた感想などを。

スポンサーリンク

f:id:yoshimamo:20151218225112j:plain

最終更新日:2019年6月19日

今日は、iPhoneアプリ「StageCameraHD」の使用レビューを書いていきたいと思います。

こちらはカメラアプリでして、ちょうど標準カメラに代わるものがほしいと思っていたところだったので早速ダウンロードして使ってみることにしました。

レビューで高評価を得ているため期待値大です。

iPhoneアプリ「StageCameraHD」レビュー

あらためまして、StageCameraHDとはiPhone用のカメラアプリです。

無料版と有料版(StageCameraPro・240円)がありますが、今回はとりあえず無料版を使用しました。

高画質撮影とシャッター音を消せるのが特徴で、AppStore内のレビューでは星4.5の高評価がされています。

StageCameraHD - 高画質マナー ( 無音 ) カメラ
StageCameraHD - 高画質マナー ( 無音 ) カメラ
開発元:sky-nexus Inc.
無料
posted with アプリーチ

StageCameraHDの使い方

f:id:yoshimamo:20151211182222j:plain

画面左上から順番に

  • 解像度変更
  • フラッシュ設定
  • 前面カメラ切り替え
  • 設定
  • 広告

左下に移って

  • 前回撮った写真のプレビュー
  • AE(明るさ調節)
  • シャッターボタン
  • カメラ/ビデオの切り替え

となります。

+と-の白いバーはズーム機能です。

解像度の初期設定・最大サイズは背面カメラでこの2592x1936、前面カメラは1280x960となります。
有料版を使うと標準カメラと同じ3264x2448で撮影できるようです。

基本的な使い方は標準カメラと同じです。
被写体をタップしてピントを合わせ、カメラマークを押して撮影します。
シャッター音を出したくないときはiPhone本体をマナーモードに切り替えると音が鳴りません。

また、必要であればシャッターを切る前にシャッターボタン左の「AE」というボタンを押して明るさを調節することもできます。

f:id:yoshimamo:20151211182257j:plain

黄色いバーの真ん中、太陽みたいな部分を右へスライドさせると明るく、左にスライドさせると暗くなります。

5回撮影するごとに広告が表示されますが、途中で右上「Ad5」と書かれているボタンをタップして広告を見ることでカウントをリセットされます。
連続して撮影したい時は前もって広告を見ておいた方が良いでしょう。
(有料版にすると消えます)

撮影した写真は本体カメラロールに保存されます。

標準カメラとStageCameraHDを比較!

百聞は一見に如かず!
ということで、まずは結果から。

はたしてiPhone6の標準カメラとStageCameraHD(以下SCHD)で違いはあるのでしょうか?

▽iPhone6

f:id:yoshimamo:20151211182407j:plain

▽SCHD(AE使用)

f:id:yoshimamo:20151211182416j:plain

被写体はねこあつめガチャのくりーむさんにお願いしました。
(圧縮なしでリサイズのみ行っています。)

解像度の違いがあるので標準カメラの方がくっきりしているように見えますね。

とはいえSCHDもそんなに粗くないので、解像度を同じにすると同等か、それ以上の画質になるでしょう。(素人意見

ズーム機能(最大)も使って撮ってみました。

▽iPhone6

f:id:yoshimamo:20151211182508j:plain

▽SCHD

f:id:yoshimamo:20151211182457j:plain

若干角度が違いますが照明の当たり具合はほとんど同じです。

こちらはコントラストはiPhoneの方が強いものの、ズームにして出た縦線はSCHDの方が薄くなっています。
色も若干やわらかいですね。

反対に接近して撮影もしましたが、こちらは同じくらいの距離でぼやけたので両者引き分けとなりました。

StageCameraHDの良い所

使っていて、やはりシャッター音が小さいところが良いなと思いました。
無音にすることができると評判でしたがそれをしなくても小さい。

ガヤガヤしているところはもちろん、スピーカー部分を押さえれば静かな所でも周りに聞こえません。

また明るさを調節できるところも便利!

私が撮る写真は明るさだけ調節したいことが多いのですが、カメラロールで編集ボタンを押して明るさを…などとやるのはちょっと面倒で。

これなら撮る前に具合を見てシャッターを押せるので、明るさに関しては失敗しません。
(見た目の良さは腕次第。笑)

StageCameraHDの悪い所

解像度の低さや広告は有料にすればなくなるので除くとして。

遠近の差がある時、被写体の面積が小さいとピントが合わせづらいと感じます。

たとえば料理をバックにピースサインを撮影、というリア充っぽいこと(笑)をしようとすると、料理にピントが合わせられてしまってなかなか変えられませんでした。

あとごくごくたまに、カメラが機能せず真っ暗な画面が出ることもあります。
向きは変えられるんだけど被写体が映らず真っ暗!みたいな。

再起動すると直りますが、結構メモリ食ってるのかな~と思います^^;
最小容量である16GBを使ってる人は気をつけた方がいいかもしれません。

まとめ

良い点・悪い点は同じくらいありましたが、標準カメラと比べるとズームが綺麗だったり、トータルで見ると使いやすいアプリだと感じました。

掲載の仕方が分からないけど今度は動画も撮ってみます。

大きい写真を印刷するなら多分かなり粗いでしょうが、ネットにアップするなど普段使いなら解像度が低くても十分でしょう。

有料版はもちろん無料のままでもメインカメラとして活用できるアプリ「StageCameraHD」。
カメラアプリをお探しの方は一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか(^^)