よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

梅雨に向けて、雨漏りする傘を修理しました。

今日は梅雨に向けて、傘の修理をしてみました。

f:id:yoshimamo:20160608183657j:plain

デパートで買った1000円傘。
水色のストライプに惹かれ買ったものなんですが、どうも不良品だったらしく大雨の日に差すと雨漏りしてしまうのです(´・ω・`)
購入時のレシートもなく返品しに行くにも交通費で新しい傘が買えてしまうくらいなので、自分でなんとかすることにしました。

傘の雨漏り、修理メモ。

大前提として、こちらは応急処置の方法です。
近くに傘の修理をしてくれるお店がありましたら一番にそちらへ持っていって修理してもらいましょう。

雨漏りの原因を探る

まずは原因を調べます。

f:id:yoshimamo:20160608183720j:plain

今回雨漏りしていた部分はこちら。
傘の内側から触ってみると画像の赤い丸で囲ったあたりが湿っていました。

ということは当然このあたりが破れているか、隙間があいているかなんですが…

生地に破れている部分は見当たらず、目立った隙間も見当たらず。

おかしいなぁと思ってグーグル先生に聞いてみると、こんな答えを見つけました。

次に、傘の頂上にかぶせてある陣笠(写真の金色の部品)と中棒の間に隙間が空いていないか確認してください。ここに隙間があると当然雨が中棒をつたわって入ってきますよね。強力接着剤で隙間を埋めて下さい。

雨漏りがする | 日傘の上手な使い方|完全遮光日傘、日光紫外線アレルギー対策専門店【サンバリア100】より

てっぺんの金具と棒の間に隙間がないかを見ろ、とのことですね。
一度は隙間がないか調べましたが、早速見直してみることにしました。

すると、見つかりました。

f:id:yoshimamo:20160608183735j:plain

見づらくてすみません。
赤丸で囲った部分に少し隙間があるのが伝わるでしょうか。
(棒に隠れている反対側にも僅かながら隙間を見つけました。)

おそらくこれが原因だろうと思います。

直し方

原因が分かったら早速対処していきます。
引用文によると、原因である金具と棒の隙間を埋めれば雨漏りが直るそうです。

必要なもの

ということで、準備するものは以下の通り。

f:id:yoshimamo:20160608183750j:plain

  • 強力接着剤
  • 厚紙
  • 防水スプレー(あれば)

外から埋めるので、接着剤は目立たないように透明のものを使いましょう。
今回は自宅にあったアロンアルファを使用。

厚紙は使い捨てのヘラになります。

手順

接着剤のフタを開け、隙間に少~しだけ乗せます。

f:id:yoshimamo:20160608183804j:plain

接着剤は口から1㎜も出していません。
付け過ぎると外にはみ出て目立つので、本当に少し。 

f:id:yoshimamo:20160608183820j:plain

表面が埋まればいいです。

隙間が狭いので、少しだけ塗ってもどうしても接着剤がはみ出てしまいます。
なので厚紙の端を使って隙間に押し込めつつ、余分なものはこさぎ取りましょう。

f:id:yoshimamo:20160608183833j:plain

そういえば「こさぎ取る」って方言らしいんですが、共通語で何と言えば良いのでしょうか?
残り少なくなったご飯やおかずをかき集めて?取ることを言うのですが…。

出来上がり

f:id:yoshimamo:20160608183848j:plain

乾くまで待って防水スプレー(あれば)をかけたら修理完了です!

金具や棒に接着剤が少し残っていますが、実際使うときは人に見えない部分なので問題ないと思います。

最後に

以上、傘の雨漏りを直してきました。

最近は大雨の日がないので実際の効果はまだわかりませんが、これで憂鬱になりがちな雨の日も楽しく外出できそうです(^^)
使ったらまた追記しますね。