読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

もう怖くない!緊張しない!電話で美容室の予約を取る手順メモ。

f:id:yoshimamo:20161005201247j:plain

そろそろ髪を切りに行こうと思って、ついさっき美容室に予約を入れました。

予約をするときってたいてい電話をかけますよね。
私、この電話が大の苦手なんです。

美容室の予約は何度もしたことがありますが、数か月に一度なものでまったく慣れず…。
今日も電話をし終えて「この言い方で良かったかな?」「変な風に思われていないかな?」としばらく悩んでしまいました^^;

なので今日は、次回からスムーズに予約ができるように美容室への電話の仕方を書き留めておきたいと思います。

「美容室の予約ってどうすればいいんだろう?」とか「緊張する!」という人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

?

美容室の電話予約の仕方メモ

まず、電話予約の際に緊張してしまうというのは「何といって予約すればいいのかわからない」「うまく受け答えできなくて変に思われたくない」という気持ちが強いからだと思います。(少なくとも自分はそうです)

しかし、電話の仕方に型はありません。
基本はお店の人がいろいろ聞いて誘導してくれます。

  • カット(またはカラーやパーマ)の予約をしたいこと
  • 希望日時
  • 名前

この3点が伝われば大丈夫です。

言い方などは「ですます調」で話せれば悩むことはありません。
構えず気楽に電話をかけましょう。

電話をかけよう!

なにはともあれ電話をかけないことには始まりません(笑)

行きたいお店の番号を調べたら受話器を取って、勇気を出して番号を押しましょう!

予約の旨を伝える

電話をかけるとお店の人が「はい、〇〇(店名)です」と出てくれるので予約をしたい旨を伝えましょう。 


例:

美容室「お電話ありがとうございます。美容室〇〇です」
自分 「すいません、カットの予約をしたいんですが」

カラーやパーマをしたい場合は「カット」の部分を各々変えてください。

希望日時を伝える

すると、「カットですね。いつにしますか?」みたいに希望日時を聞いてくれますので希望の日にちと時間を言います。
もし「予約をしたい」と言ったあとに向こうから返事がなければ、続けて「×日の△時は空いていますか?」と聞いてみます。

特に予定がなければ希望の日付だけ伝えた方が予約を取りやすかったりします。
(空いていなかったときのために第2希望の日時を考えておくとスムーズです。)

続いて「指名はありますか?」と聞かれますので希望の美容師さんがいればその方の名前を(名前がわからない場合は美容室側にデータがあると思うので「前と同じ人がいいんですが…」と言ってみましょう。)、なければ「ないです(ありません)」と答えます。

こちらも指名はない方が希望の日時で予約しやすいです。

初めて行く美容室では美容師さんのことはよくわからないので「ありません」となるでしょう。

名前を伝える

そしたらお店側がスケジュールを確認して、空いているかどうかを教えてくれます。

空いていればそのまま名前を聞かれますので、フルネームで答えます。
(苗字だけでもいいかもしれませんが、私が行ったことのある美容室はフルネームで聞かれました)

ここまで来たら予約完了。
「それでは〇月×日△時にお待ちしています」とか言われるので「よろしくお願いします」などと軽く挨拶をして電話を切りましょう。

あとは当日お店に行くだけです。

所要時間は5分足らず。
電話をしてしまえばあっという間なんですね。

いつまでに予約すればいい?

予約の期限は美容室によりますが、多くは空いてさえいれば当日でもOKです。
なんなら予約なしで入れることもあります。お客さんが多いお店はまず無理ですが。

ただし土日祝やGWなどの連休前や年末年始は混みますので、「この日じゃなきゃダメ」という場合は早めの予約をオススメします。
早い分にはいつでも予約できるので。

キャンセルについて

キャンセルはたいてい受け付けてもらえます。
が、行けないと分かったらできるだけ早く連絡を入れましょう。
ドタキャンは絶対ダメ。
美容室側の損失になります。
ネットでは「出禁になった」なんていう話もあり、何にせよ良い印象は持たれません。

おまけ:当日について

予約当日はお店に入って「予約していた〇〇です」と言うと案内してくれます。

時間ピッタリか、5~10分前に行ってもすぐ施術してくれる場合も。
遅れる際は連絡をしましょう。

服装は自分の雰囲気を知ってもらうために普段着るようなものを。
襟やフードはない方が良いかな。ゴボゴボしてカットしづらいし、切った髪の毛が入るとあとで取るのが面倒です。

それでも電話予約はイヤ!という人は

以上、美容室への電話のかけ方をメモしてきました。

やり方はわかったけどやっぱり怖い!という人は、ネット予約に頼るのも手ですね。

30分くらい悶々として電話をかけていたのに便利になったもんです。

とはいえお店や美容師さんの雰囲気を見るためにも初めは電話での予約をオススメします。
最初だけ勇気を出して2回目からはネット予約、というのが楽かも。