よしまのメモ帳

思いついたことを書き留める雑多ブログ。コメント欄は設けていますが基本的に反応しません。ご用の方はyoshimanote☆gmail.comまでお気軽にどうぞ(☆を@に変えてご送信ください)

スマホで絵を描くなら「ibis(アイビス)ペイント」がオススメ!PC並の多機能イラストアプリです!

今日はスマホアプリを紹介していきたいと思います。

その名も「ibisペイント」!

iPhoneやスマートフォン、タブレットで使える絵を描くアプリなのですが、これがかなりの多機能!
ブログのアイコンも書いたりして、使いやすくて気に入っています。

「スマホで絵を描きたい」と思っている方には是非一度ダウンロードしていただきたい!

スポンサーリンク

?

スマホアプリ「ibisペイント」でいつでもどこでも本格お絵かき!

あらためまして、ibis(アイビス)ペイントはiPhone・Androidともに対応している無料お絵かきアプリです。

アイビスペイントX
アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted with アプリーチ

無料のスマホアプリということで「単色の落書きができれば上出来」くらいに思っていたのですが、全然。
パソコンのイラストソフトと変わらないくらいの機能を備えていて驚きました(@_@ )

アイビスはここがオススメ!

画像の取り込み機能

使用の決め手になったのが、カメラロールにある画像を取り込める機能です。
色々な無料アプリを使ってみたのですが、画像を取り込めるアプリはこちらだけでした。

画像が取り込めるとアナログで描いた下書きを使えたり写真のトレスができます。
一からデジタルで描く方は必要ないかもしれませんが、自分はアナログで描いた方が早いのでこれを使えることはとても魅力的です。

でもスマホは指やタッチペンの動きと実際に描かれる線の誤差があるので、普段デジタルオンリーの人も下書きはアナログで行った方が描きやすいかもしれません。

充実したレイヤー機能

レイヤーとは絵を重ねられる機能のこと。
透明な紙を重ねるようなもので、線を描いた下にレイヤーを重ねて色を塗ったりすると線を潰さずに色塗りができます。
昔アニメ製作で使われていたセル画のデジタル版といったところでしょうか。

このレイヤーを重ねるとデータが大きくなってしまうので、機能がなかったり枚数制限されてりするんですが、アイビスは何枚でも重ねることができます。
(スマホへの負担を考えるとレイヤーは少ない方が良さそう)

また「クリッピング」という機能も使えます。
レイヤーを作って下のレイヤーにクリッピングすると、下のレイヤーで色がついている部分のみに色を塗ることができます。
マスク機能、アナログだとマスキングみたいなものですね。
ただレイヤーが分かれているので修正が楽なんです。
影を付ける時など、はみ出さずに塗ることができるので使い始めるとやめられません(笑)

実際に描いてみよう!

それでは使い方をご紹介します。

用意するものは基本的にスマホ一つと自分の指。
できればタッチペンがあると描きやすいですよ(^^)
特にApple Pencilは評判がよく、人気絵師さんも使っているのでオススメです♪


また良い道具を使ってクオリティが上がることは確かですが、継続的にスマホで絵を描くかわからない…という人は百均などのお手軽なもので試してみると良いかもしれません。
キャンドゥから細いスマホペンも出ていますので、良ければチェックしてみてください♪

それでは本題へ。
まず、下書きをアナログで行う場合は事前に絵をカメラで撮影しておきましょう。

f:id:yoshimamo:20151026231835j:plain
アイコン作成時のスクショを撮っていなかったので新しく描くことにしました。
ねこかわいいよねこ。
下書きなので画面が多少暗くても汚れていても問題ありません。

1.キャンバスを開く

まずスマホにibisをインストール、起動します。

続いて

トップ画面の「マイギャラリー」をタップ

左下の「+」ボタンをタップ

キャンバスのサイズを選択

と進んでいくと絵を描ける状態になります。 

f:id:yoshimamo:20151026181222j:plain

2.画像の取り込み

下書きを取り込みます。
キャンバス画面の下部にあるボタンの中から右から2番目、「1」と書かれているボタンをタップします。
するとレイヤー設定画面が出ます。

f:id:yoshimamo:20151026231852j:plain

画面左、5つあるボタンの中からカメラマークのものをタップするとカメラロールが出てくるので、下書き画像を選択して取り込みましょう。f:id:yoshimamo:20151026231913j:plain

取り込んだらカメラマークの2つ上、「+」のボタンを押して下書きの上に新しいレイヤーを追加します。
必要であれば透明度を下げたり回転させたりと調整をして、画面下部、下矢印のあるボタンをタップして設定画面を閉じます。

下書きからデジタルで描く場合は1のレイヤーに下書きしてから新しいレイヤーを追加しても良いです。
背景を描くのなら一番下のレイヤーは残しておいた方がいいと思いますが。

【2016年8月23日 追記】

キャンバスサイズを選択する画面で「写真読み込み」という項目が追加されています。

f:id:yoshimamo:20160823154900j:plain

赤丸で囲んだ部分をタップすると画像を選択する画面になります。
少ない過程でアナログの下書きを貼りつけられるので、キャンバスサイズを変えないのであればこちらの方が簡単かと思います。

「スマホじゃうまく線が引けない!」という人はアナログの線をそのまま使って色塗りだけデジタルで行うことも可能です。
「CamScanner」というアプリを使えば綺麗に線画を取り込むことができますよ(^^)

この場合は背景(白地)と線画が同じレイヤーにあるので、下のレイヤーが見えるように線画レイヤーは「乗算」にする必要があります。
線画だけ切り取れたら良いんですが方法がわからず。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください(笑)

3.清書する

準備ができたら指かタッチペンを滑らせて線を引いて清書していきます。

ピンチ操作でキャンバスの拡大と縮小、二本指でスライドすると移動ができますのでやりやすいように画面を調節しながら描きます。

キャンバス画面下部にある二つのバーは上が線の太さ、下が線の透明度です。

その下にある各ボタンの機能は左から以下の通り。

  • 消しゴム/ブラシの切り替え
  • 諸々の機能
  • ブラシの種類・太さの選択
  • 色選択
  • ボタンの透明化
  • レイヤー設定
  • 保存

レイヤー設定画面は画像取り込みの際に少し触れましたね。

諸々の機能というのは塗りつぶしやスポイト、選択範囲などのツールを選べるボタンです。
タップするとズラリとボタンが出てくるので使いたいものを選びましょう。

▽線を描き終えました。

f:id:yoshimamo:20151026231935j:plain

スマホは線がブレるので、短い線を重ねて少しずつ描いてあとから消しゴムで細くすると綺麗に描けます。
描けたら下書きレイヤーは非表示にするか削除して色塗りに入ります。

4.色塗り

線を描いたレイヤーの下に新しいレイヤーを作ってベースとなる色を塗ります。
使うのは塗りつぶしツールでもブラシツールでも使いやすいものならいいです。
細かいイラストであれば諸々の選択から「自動選択」などを使って塗りつぶした方が簡単かと思います。パソコン顔負けの多機能っぷり。

人物を描くときは髪や肌などいろんな色を塗るので、各色が混ざらないようパーツごとにレイヤーを分けることをオススメします。

ベースを塗ったらその上に新しいレイヤーを作り、クリッピングします。

f:id:yoshimamo:20151026231957j:plain
レイヤー設定画面の下の方、「クリッピング」と書かれている横のボタンをタップ。
「ON」となったらOK。

ベースより濃い色で影を塗ります。

f:id:yoshimamo:20151026232013j:plain

適当なイラストですがそれらしくなりましたw

5.完成

口の色とハイライトなど、仕上げをして完成です。

f:id:yoshimamo:20151026232033j:plain

背景は思いつかなかったんで入れてません(笑)

描き終わったら右下の「BACK」ボタンをタップして保存します。
オート保存機能はないみたいなので、作業中もこまめにここを押して保存しておきましょう。

アプリで描いたイラストはマイギャラリーに表示されます。
カメラロールにコピーしたい場合はイラストを選んでマイギャラリー画面下部の左から2番目のボタンをタップしましょう。
PNG形式で保存されます。

素材を使ってみよう!※2016年8月23日追記

しばらく使わないうちにいろいろ機能が増えていたので、その中から「素材」の使い方ついて追記させていただきます。

「素材」とは、アナログで言うスクリーントーンのようなもの。
書くのが難しい、面倒臭い(笑)ような柄やパターンを好きなところに貼りつけられるようになっています。

使い方

f:id:yoshimamo:20160823154911j:plain

まず矢印①の自動選択またはその下の手動選択をタップし、素材を貼りたい箇所を選択します。
今回はねこのまわり、背景に素材を貼ります。

矢印②の画面右上の写真のようなマークをタップすると、素材が出てきます。

f:id:yoshimamo:20160823154836j:plain

柄は上記画像にある通り和柄や星など。
ずっと下にスクロールするとフキダシや植物、生物などの素材もあります。
全部で880?このアプリのどこにそんな大量の素材を入れる場所があるのか…
アイビスペイント、おそろしい子…!!

それで、貼りたい素材をタップするとキャンバスに貼りつけることができます。

f:id:yoshimamo:20160823154843j:plain

この時全体が塗りつぶされていますが、右上のOKボタンをタップすると選択範囲外の場所は元に戻りますのでご安心ください。

左側の丸い矢印のところをタップして「ON」にすると、二本指で柄を回転させることができます。

f:id:yoshimamo:20160823154850j:plain

あとはBACKボタンの上にある点線の四角をタップして選択解除をすれば出来上がり。

素材は自動的に作られた新しいレイヤーに貼りつけられているので、部分的に消したり、いらないときはレイヤーごと削除すれば一発で消すことができて楽ちんです。

チェック柄、和柄が充実しているのがいいですね(^^)
素材があれば、制服のスカートや着物の柄を簡単に乗せることができそうです。

みんなお絵かきしようよ!

以上、スマホアプリアイビスペイントのご紹介をしてきました。
スマホでPC並の機能を持つこちらのアプリがあれば、いつでも場所を選ばず好きなときに絵を描けますね。
寝転がっていたって大丈夫!

「多機能でなくていいから動作が軽いものがほしい!」という人には「スケッチ」もオススメです。

スケッチ - Tayasui Sketches
スケッチ - Tayasui Sketches
開発元:Tayasui.com
 
posted with アプリーチ

 


こっちは動きが軽いので図のメモなどにも使えます。

どちらも無料ソフトなので、気軽に絵を描きたい人、ソフトを買うほどではないけどこれから絵を描いてみたいと思っている人は是非試してみてください(^^)